民主党政権になれば、「お上におまかせ」じゃダメになる
a0029616_1564434.jpg

はね、ジャーナリストの神保哲生さんは赤福餅のCMに出てくる「赤太郎」にそっくりだと思うんですよ。
CMで「ええじゃないか、ええじゃないか」と騒いでいるあの侍です。
赤福の不祥事発覚以降、あのCMは放送されなくなっちゃいましたが、神保哲生さんを見るたびに僕は赤福餅を食べたくなります。

の神保哲生さん。
『民主党政権になれば日本はどう変わるのか』というテーマの文章を書かれています。
大変に参考になります。
民主党政権誕生が確実な今、全国民必読と言えると思います。

単に要約しますと、民主党政権になれば、日本は「透明」「公正」な国家になるということです。

明とは、情報公開がされるということです。
情報公開がされると不正をしにくくなります。
国民による監視がしやすくなるからです。

いうことは国民には責任が生まれます。
きっちりと監視をするという責任です。
これからは今までの自民党政治のように「お上におまかせ」ではダメだということです。

正とは、すべての人に機会が平等に与えられるということです。
今までの自民党政治は一部の既得権益を持つ人だけに機会が与えられました。
民主党はそれを改めようとしています。

正であるためには、ただ乗りは禁止されます。
ただ乗りを許せば不公正だからです。
民主党政権は、ただ乗り、つまり税金を払わない人とか保険料未納の人(フリーライダー)には厳しい対応をしてくると思われます。
つまりここでも「お上におまかせ」ではダメだということになります(「ちゃんと税金を納めて国民の義務を果たせ!」ってことです)。

「検証・民主党政権で日本はどう変わるのか」
第1回 政権交代が意味するもの:「まかせる政治」から「引き受ける政治」へ──マニフェストだけでは見えてこない民主党の政策理念
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20090723-01-0901.html
第2回 民主党政権の“ディスクロージャー”で問われる市民の覚悟
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20090725-01-0901.html
第3回 再分配の優しさと国民総背番号制の冷たさを併せ持つ民主党のフェアネス政策
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20090731-01-0901.html
第4回 「理念」を掲げれば票が減る? 人気優先マニフェスト選挙のジレンマ
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20090807-01-0901.html
第5回 大手メディアが決して報じない、 「メディア改革」という重要政策の中身
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20090814-01-0901.html
第6回 霞が関の権益を引き剥がせるか? 政権の試金石「学校理事会」という爆弾
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20090818-01-0901.html

さらに詳しく民主党政権を知るにはこの本を読むのが最適↓
『民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?』神保哲生著(amazon)

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-08-31 01:59 | 政治・経済に一言
<< 田中康夫さんが衆院選兵庫8区を... 勝谷誠彦さんが田中康夫さんの応... >>