日本は伝統的に夫婦別姓だった!?
a0029616_1163313.jpg

政府は、選択式夫婦別姓(夫婦別姓を選択できる制度。もちろん今まで同様に夫婦同姓を選択することもできる)の導入を固めたようです。
この問題の賛否を考える上で、押さえておかなければならない基本的な知識があります。
社会学者の小室直樹さんがわかりやすく説明されているのでご紹介します。
 日本に婚姻という制度ができたのは明治時代のことである。以前に夫婦別姓が国会内外で議論となったが、そんなことも知らない人が、夫婦同姓がよいだとか悪いだとかいうのがナンセンスなのだ。明治23年以前は夫婦別姓であった。別姓であるのが当然だったのだ。
 注意深く歴史を見ればすぐわかる。源頼朝の正式の妻は北条政子であって、源政子ではない。夫婦同姓であれば当然源政子になるはずなのに、そうはならない。他にも例はいくらでもある。秀吉の妻の北政所を豊臣ねねともいわなければ、徳川家に嫁いだ皇女和宮を、徳川親子ともいわないのである。
 ところがヨーロッパと違う点は、大多数の日本人には姓がなかった。だから、最高の皇室には姓がない。皇室はいまだになく、一般庶民にはかつてなかった。姓があるのは中間の階級だけだった。だから姓なんて、なんとつけてもいいし、自分勝手につけてよい。秀吉などは、最初は単なる日吉丸、日吉丸から木下藤吉郎になって、羽柴秀吉から豊臣秀吉になった。このような姓にこだわらないことからも、今日的価値でいう婚姻という制度がなかったことが窺われよう。
小室直樹著『日本人のための宗教原論』

【ポイント】
・日本に婚姻制度ができたのは、明治時代のことである。
・明治23年以前は夫婦別姓だった。
・そもそも大多数の日本人には姓がなかった。
皇室には今も姓がない。
・日本人はもともと姓にこだわらない。

「夫婦別姓にすることは日本の伝統に反する」みたいなことを仰っている人がいます。
これは歴史的事実を知らない、間違った主張だと言えます。
日本の伝統はむしろ夫婦別姓なのです(っていうかそもそも姓なんてなかったわけですが)。
夫婦別姓に反対するにせよ賛成するにせよ、その前提として正確な事実を知る必要があります。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-09-29 01:23 | 社会の時間
<< ネットウヨクは新左翼のように自... 【鳩山政権】少しずつ記者会見の... >>