「M-1グランプリ2009」の感想
<M―1グランプリ>パンクブーブー優勝
 今年の若手漫才日本一を決める「オートバックスM―1グランプリ2009」の決勝が20日、東京都港区のテレビ朝日であり、「パンクブーブー」が優勝した。
 「パンクブーブー」は佐藤哲夫さん(33)と黒瀬純さん(34)のコンビで01年に結成。初の決勝進出で見事優勝を射止めた。史上最高のエントリー4629組の頂点に立ち、賞金1000万円を獲得した。
http://www.excite.co.jp/News/society/20091220/20091221M40.063.html

はりM-1は初出場のコンビが強いんですかね。
笑い飯は新鮮さが失われないうちに優勝しておくべきでした。
まあ、今回は最終決勝でのネタの選択をミスしたという点もあるかもしれませんけどね。

の「チンポジ」のネタは僕はもう4~5回観たと思います。
最初は「めちゃイケ!」の「笑わず嫌い」のときだったかな?
何度観ても面白いネタですけど、「最終決勝の大事な舞台でこれを持ってくるか」と感じました。

ンクブーブーは2つのネタともレベルが高く、安定感がありましたね。
優勝は順当だと思います。
来年は今年のオードリーみたいに、ひっぱりだこになるのでしょうね。
おめでとうございます。

年はどのコンビも面白くてレベルが高い戦いだったと思います。
僕は点数をつけながら観ていたんですが、途中で止めました。
甲乙つけ難くて差をつけることができません。

位は8位だったけど、南海キャンディーズも面白かったと思います。
解散せずに続けていってほしいです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-12-21 01:23 | M-1、R-1、キングオブコント
<< 日米同盟の危機を煽るマスゴミ。... 鳩山内閣の支持率下落は当然だ ... >>