テレビは新聞の問題点を指摘しろ! - 総務相「新聞社の放送支配禁止」表明
a0029616_045925.jpg

って、そうでしょう?
なんであっても、監視をする機関が別のところに独立に存在しないと、腐敗しちゃう。
君だって「あんた、なにやってんのよ!」と言ってくれる人がいないと、堕落しちゃうでしょ?

聞や放送といったメディアだってそう。
「おまえら、ちゃんとせえ!」と言ってくれるところがないと、問題点を解決できないよ。
一番良いのは、放送にとって新聞が、新聞にとって放送がチェックする機関になることだと思う。
たとえば新聞におかしなところがある場合、放送が「てめえ、なにやってんだよ!」と叱りつけてくれれば、新聞はしゃんとするはず。

ころがどっこい。
日本ではそういう体制になっていない。
新聞にいくら問題点があっても、テレビなどの放送はそれを指摘できない。
テレビは「新聞よ、しっかりしろ!」と言えない。

れはなぜか。
それは、新聞と放送が系列化しているから。
これをクロスオーナーシップ(クロスメディア)という。
特定の資本が新聞社や放送局など多数メディアを持つことだ。

読売新聞=日本テレビ
朝日新聞=テレビ朝日
毎日新聞=TBS
日経新聞=テレビ東京

のような強固な系列関係が日本では築き上げられている。
これはアメリカやヨーロッパでは考えられないことだそうだ。
「集中排除原則」と言って、欧米では法律で禁じられている。

日、原口一博総務大臣は、この点の改革に着手すると明言した。
これはとても素晴らしいことだ。
おそらくメディアは反発するだろう。
日本国民は、民主支持、自民支持などの党派を超えて一丸となって原口大臣を応援するべきだと思う。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2010-01-25 00:05 | 社会の時間
<< 捜査機関(警察・検察)は「正義... 門戸厄神の厄除大祭に行ったよ >>