グレグソン米国防次官補:「日米、危機的でない」
グレグソン米国防次官補:「日米、危機的でない」 都内で講演
 訪日中のグレグソン米国防次官補は1日、東京都内で開かれた日本国際問題研究所主催の講演会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、「幅広い日米関係の中のごく一部分にすぎず、日米関係は報道されているような『危機的』状況ではない」と述べた。鳩山由紀夫首相が1月29日の施政方針演説で約束した「5月末までの移設先決定」を待つという。

 同次官補は、移設問題について、「日米の共同作業であるべきで、米側が一方的に日本に押し付ける問題ではない」と述べた。米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設するとした06年の日米合意については、「当時の日米両政府は最善策と考えた」と指摘した。

 同次官補はこのほか、日米同盟を深める方策として、台風や地震など自然災害への対処で、米軍と自衛隊が共同行動を取るための法的枠組みの整備を提案した。また、オバマ政権が追求する「核なき世界」に関連し、「(北朝鮮の生物・化学兵器による攻撃に対して)我々は朝鮮半島で核兵器なしで勝利できると考える」と述べ、核兵器以外の大量破壊兵器に対しては、核による抑止は不要との考えを示唆した。【杉尾直哉】
http://mainichi.jp/select/world/archive/news/2010/02/02/20100202ddm007030024000c.html

毎日新聞以外では全く報じられていないようです。
「日米関係は危機的だ!」と煽っている勢力(例えば産経新聞)がありますけど、彼らの真意は何なのでしょうか?
日米関係の重要性は改めて論じるまでもありません。
日米関係は日本にとって重要であるのみならず、アメリカにとっても重要なのです。
ちょっとやそっとで危機的になるものでは決してありません。
バカバカしい安保マフィアの扇動に騙されないようにしなければなりません。

【拙ブログ関連記事】
日米同盟の危機を煽るマスゴミ。その背後にあるのは・・・

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2010-02-04 02:20 | 国際社会を生き抜く
<< オバマ大統領とダライ・ラマ14... TBSラジオ「アクセス」で、ク... >>