カテゴリ:国際社会を生き抜く( 55 )
【イラン大統領選挙】保守強硬派がなぜ勝利したのか
a0029616_18118.jpg

■イラン情勢が緊迫化してきました。
先月6月24日に投票が行われたイラン大統領選挙。
保守強硬派のアフマディネジャド氏が勝利しました。

■アフマディネジャド氏(名前が長いので以下は、ア氏とおもいっきり短く略します)の当選。
一部勢力に富が独占されていることへの不満が背景にあるといわれています。
どういうことか。

この続きも読んでね♥(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2005-07-08 01:21 | 国際社会を生き抜く
『中国反日デモ』と『60年安保闘争』
a0029616_0391981.jpg

ぼやきくっくり」さんの記事にこんなのがありました。
昨日、たまたま「サンデージャポン」を見てたんです。爆笑問題が司会の番組です。
反日デモの話題の時、レギュラー出演者のテリー伊藤が「つくる会の教科書がひどいと言うが、正しいことを書いてますよ。それに比べて中国の教科書は嘘ばっかりですよ」ときっぱり言ってくれて、嬉しく思いました。
また、中国人の教授(王曙光・拓殖大学教授)も出演してたんですが、「私は読んではいないが、中国人はあの教科書はみんなひどいと思ってる」と。そしたら、すかさず飯島愛が「先生、読んでから言おうよ」ってツッコミ入れてくれました。

■おそらく、読んでいないのは王曙光教授だけではないはず。
反日デモで暴れまくっていた中国の若者も読んでいないであろう。
読まずに批判。
何となく批判。

■「読んでいない」で思い出すのが、60年安保闘争
日米安保条約の改定をめぐって多くの若者がデモなどをして暴れた。
「安保ハンタ~イ!」と。

■ところがである。

この続きも読んでね♥(Please click)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2005-04-20 00:43 | 国際社会を生き抜く
「エセ平和主義者」よ、リチャード・ギアの爪の垢を煎じて飲め!
a0029616_1134751.jpg
Excite エキサイト : 芸能ニュース
米俳優リチャード・ギア(55)が中国政府への怒りを爆発させた。ギアは28日、都内で行われた映画「Shall we Dance?」(ピーター・チェルソム監督、4月23日公開)の会見に出席。終了後、にこやかに写真撮影に応じていたが、突然、壇上から降りて司会者のマイクを奪った。

■よくぞ言ってくれた!
日本の「エセ平和主義者」に、リチャード・ギアのちんかすを煎じて・・・いや爪の垢を煎じて飲ませたい。

■リチャードは、

この続きも読んでね♥(Please click)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2005-03-30 00:57 | 国際社会を生き抜く
【竹島】盧武鉉は島根県に感謝していることでしょう
a0029616_1581442.jpg

■韓国経済は悪化の一途をたどっているようです。
失業率が上昇。
駅のホームには行き場の失った多くのホームレスが寝泊りしています。

■韓国政府はこの状況に手をこまねいています。
そりゃ当然。
大統領の取り巻きは、学生時代に学生運動に明け暮れていた連中。
経済の「け」の字も知りません。(李英和助教授談)
「どうやったら景気が回復するのー?誰か教えてー」
わけがわからず右往左往。

この続きも読んでね♥(Please click)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2005-03-18 02:02 | 国際社会を生き抜く
【あれから60年】東京大空襲(アメリカ軍による大虐殺)を今一度考えようよ
a0029616_1105459.jpg

東京大空襲の慰霊碑建立へ 海老名香葉子さん、上野に
約10万人が死亡した東京大空襲から60年を迎えるのに合わせ、落語家の故林家三平さんの妻でエッセイストの海老名香葉子さん(71)が、東京・上野公園の一角で慰霊碑の建立に取り組んでいる。空襲があった3月9日に除幕式を行う予定。(神戸新聞)

■60年前、アメリカ軍の無差別な攻撃により多くの日本人が大虐殺されました。
非戦闘員に対するこのような虐殺行為は、明らかな戦争犯罪です。
しかし罪は問われませんでした。
戦争の勝者は罪を問われないのです。

■B29爆撃機が突如として江東区・墨田区・台東区にまたがる40k㎡の周囲にナパーム製高性能焼夷弾を投下しました。
それはなぜか。

この続きも読んでね♥(Please click)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2005-01-11 01:02 | 国際社会を生き抜く
【救援】自衛隊がスマトラ地震支援のために出発【復興支援】
空自救援部隊が出発
スマトラ沖地震津波の救援・復興支援活動にあたる航空自衛隊のC130輸送機一機が六日朝、空自小牧基地(愛知県小牧市)から、タイ南部のウタパオ基地に向けて出発した。那覇を経由し、現地には日本時間の同日午後八時三十分ごろ到着する見通し。 (東京新聞)
a0029616_2101895.jpgスマトラ沖での大地震。そしてそれに伴う津波。
被害は日を追うごとに拡大するばかりです。
今、現在13万人の方々の死亡が確認されていますが、国連の推測では最終的な死者数は15万人を超えることになるそうです。(琉球新報の社説より
国際社会は一刻も早く救助の手を差し伸べるべきです。

今回、スマトラ沖地震津波の救援・復興支援のために航空自衛隊が出発しました。
自衛隊は災害の救援、復興支援活動については世界でも有数の能力を有する集団であると聞いております。

日本は地震や台風の被害が多い地域。
特に今年は台風や地震の被害が凄まじかった。
その時に活躍したのが自衛隊です。
皆さんの記憶にも新しいことだと思います。

福島民報の論説にこういう文章がありました。

この続きも読んでね♥(Please click)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2005-01-07 01:36 | 国際社会を生き抜く
【イラク】ズルズルと派遣延長してはいけない【自衛隊】
a0029616_1191471.jpg
■自衛隊派遣の、1年間の延長が決まりました。
決まったからには自衛隊員の皆さんには安全面に十分に注意しながら、しっかりとイラク復興という任務を遂行していただきたい。
そして無事に帰国していただきたい。
そう思います。

■自衛隊派遣の目的はイラクの復興です。
イラクが復興するために必要なお手伝いをするのが目的です。

この続きも読んでね♥(Please click)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2004-12-15 01:11 | 国際社会を生き抜く
あの天木直人氏も呆れた『親北朝鮮派』の反論
a0029616_2362438.jpg
天木直人という元外務官僚がいる。
アメリカに追従する小泉政権を猛烈に批判している人物である。
正直なところ私は彼のことを胡散臭く感じている。

■なぜ彼は外務官僚時代に内部から改革をしようとしなかったのであろうか?
日本のアメリカ追従は今にはじまったことではない。
戦後一貫とした日本の外交政策である(冷戦の前後では意味合いが異なるが)。
彼は1969年に入省し2001年に辞めるまで一体何をしていたのだろう?
全くもって不可解である。

■まあ、それはとりあえず措いといて(今回は特に天木氏を批判するつもりはない)、天木氏のブログ(天木直人・マスメディアの裏を読む)にこのような記述があった。

この続きも読んでね♥(Please click)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2004-12-09 02:30 | 国際社会を生き抜く
【脅威】EUが中国への武器輸出を解禁すると言い出した
a0029616_1235317.jpg

人権改善は“棚上げ”EUなぜ対中武器解禁へ
一九八九年の天安門事件以来続いてきた欧州連合(EU)の中国に対する武器禁輸措置が近く、十五年ぶりに解除されそうだ。これまでロシア製兵器に依存してきた中国にとって、欧州製の最新兵器はノドから手が出るほどほしかった。しかし、解禁の条件である中国の人権状況改善は事実上、進んではいない。解禁の動きの背景には、どんな思惑が隠されているのか-。 (東京新聞)


■驚くなかれ、中国は軍事大国になりつつある(別に驚かないかな)。
いや、もう軍事大国か。

■その軍事大国中国に対して、欧州連合(EU)は武器輸出を再開するつもりのようだ。
欧州国内の軍需産業の生き残りのために。

■音頭をとっているのはフランス
よっ!「死の商人」の面目躍如だね!
多くの馬鹿日本人は、イラク戦争にてフランスに対して「平和を愛する国」というイメージを持ったことであろう。
チャンチャラおかしい。

■おい!EUよ、軍事大国であり人権侵害大国である中国に武器輸出なんかしたら、東アジアの情勢はますます悪化するぞ。
どうしてくれるんだ!

■詳しくは、東京新聞の記事を読んでくれ!
え?「長くて読む気にならない」って?
わかりました。要約します。

この続きも読んでね♥(Please click)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2004-12-01 00:56 | 国際社会を生き抜く
【イラク】小泉よ、アホのブッシュに「撤退するぞ」と言ってやれ!
a0029616_20473996.jpg

【自衛隊イラク派遣:延長問題 派遣の延長必要-町村外相】
町村信孝外相は14日のNHKの討論番組で、イラクへの自衛隊派遣延長問題について「イラクの国づくりに協力しようとしている時に、自衛隊員に危険が及ぶかもしれないから引き揚げるという選択が国際政治の中であるのか」と述べ、基本的に派遣延長は必要との考えを示した。その上で「12月14日の派遣期限のぎりぎりの時点まで諸要素を考えなければならない。決定は14日の少し前ではないか」と付け加えた。(毎日新聞)

■以下の文章は、今年の正月に、ある友人に送った年賀状に書いた文章である。まだ一年も経っていないのだが、隔世の感がある。

この続きも読んでね♥(Please click)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2004-11-18 19:57 | 国際社会を生き抜く