カテゴリ:社会の時間( 83 )
NHK「シリーズ原発危機 安全神話~当事者が語る事故の深層」を観た。
NHK「シリーズ原発危機 安全神話~当事者が語る事故の深層」を観た。
原発の安全審査指針の策定、改訂に関わった官僚、専門家、電力会社へのインタビューを通じて、「安全神話」の背景には何があったのかを探る番組である。
電力会社に安全対策を丸投げする当事の政権、経営上の事情を優先させる電力会社・・・
当事者の無責任な体質が浮き彫りになる。

番組キャスターが番組の最後に語った言葉が印象に残った。

 私たちが取材した人たちの多くが今回の事故について反省の弁を述べていました。その一方でなお、「最悪の事態には至っていない」とか「これほどの事故はもう起きない」などと、事態を小さく捉えようとしていたこともまた事実です。リスクに向き合おうとしない体質は依然変わっていないのではないか、それが私たち取材班の実感です。

 しかし、原発のリスクに向き合ってこなかったのは、果たして国や電力会社だけだったのでしょうか。事故が起きてからしかその問題点を指摘することができなかった私たちメディアも、原発の安全神話に囚われていたことは否定できません。

 問題に気付きながらそれを曖昧にし、時にはなかったことにしてしまう、これを日本社会の特徴だと片づけてしまってはいけないと思います。原発の安全は地域社会の存立、そして人の命にかかわる問題だからです。

 今回の事故で、原発に絶対の安全はないということが明らかになりました。福島第一原発が廃炉になるまでに30年以上かかると言われています。私たちはこれからも長い間原発のリスクに向き合わねばならないことを忘れてはいけないと思います。


人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2011-12-07 03:37 | 社会の時間
どんどんばれる、東電の嘘
<今夏の電力供給>揚水発電、2割過小評価…東電など7社
経済産業省がまとめた今夏の電力需給見通しで、電力7社が水力発電の一種である揚水発電による電力供給力を、発電能力を示す設備容量より約2割(535万キロワット)少なく見積もっていたことが25日分かった。原発停止による電力不足で需給見通しに注目が集まる中、専門家からは「供給力を低く見積もる根拠を示すべきだ」との指摘も出ている。
揚水発電の電力供給を2割も少なく見積もっていました。まあ、要するに嘘をついていたわけですね。
家庭の電力、2割過剰推計 「15%節電」厳しすぎ?
真夏のピーク時、東京電力管内の家庭が使う電力の政府推計が、経済産業省資源エネルギー庁が調べた実測値よりも2割多いことがわかった。政府は節電メニューを示して家庭にも15%の節電を要請しているが、消費量を多めに見積もったため、家庭に必要以上の節電を求めたことになる。
家庭の電力需要を2割も多く見積もっていました。まあ、要するに嘘をついていたわけですね。

原発利権を守るために必死だな(笑)

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2011-08-02 00:50 | 社会の時間
浜岡原発を停止させても電力は不足しないぞ!!
な、なんと!!005.gif
東京新聞の記事によれば、浜岡原発を停止させても、まったく電力不足にはならないそうだ。

東京電力管内で、今夏の最大需要058.gifと予測されているのは
5500万キロワット

で、東電が公表した7月末の電力供給見通し
5200万キロワット(西日本の電力会社からの融通分を含む)。

あらら、300万キロワットも足りないじゃないか!
これはヤバい!!008.gif

ところがどっこい。034.gif
7月中旬には全面復旧できるという広野火力発電所(福島県広野町)は、
な、なんと!380万キロワットも電力を供給できるのである。066.gif

あらら、だったら何も問題ないじゃねぇかよ!005.gif

しかもです。
東電管内の揚水発電(注)を利用すれば
最大で、1050万キロワットも電力を供給できるのである。066.gif

つまり最大で、1130万キロワット(80万+1050万)も「お釣り」065.gifが出るくらい余裕004.gifなのだ。
真夏のピーク時058.gifでも、電力不足なんて起こりっこないのである。
な、な、なんと!!005.gif

「お釣り」の部分(余剰電力)は東北電力などに融通051.gifすればいい。
これでザッツオール!!003.gif

原発利権を守りたい人たちは「原発がなくなると電力不足になるぞ!!」と煽っている。033.gif
ところが実は、この「電力不足キャンペーン」はまったくの大嘘だということだ。
みなさん、騙されないようにしましょう。017.gif

ちなみに、環境エネルギー政策研究所によれば、「浜岡だけではなくすべての原発を停止したとしても電力不足は生じない」そうだ。053.gif
「原発が半分近くを占める関西電力管内でさえも、揚水発電の活用、自家発電からの電力買い上げなどの節電策を採用すれば問題ない需給レベル」だそうである。067.gif

(注)夜間に余った電力でダム湖に水をくみ上げて発電する。

参考
東京新聞
謙 と謙譲の音楽

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2011-05-15 03:53 | 社会の時間
宮台真司 ― 有効性のある脱原発運動とは


東京の渋谷で行われた脱原発デモで、宮台真司先生が脱原発運動のあり方について話をされました。参考になります。
ポイントは、
1、原発を推進している議員に対する落選運動 
2、原発を納入している企業(日立、東芝、三菱)の製品の不買運動 
3、原発がコストやリスクの面で合理性を欠いている点についての懇切丁寧な説明
です。

宮台真司と申します。
「丸激トークオンデマンド」というインターネット番組で10年ぐらい前から脱原発関連の番組をずっとやってきております。

原発が、コスト的にも、リスク的にも全く合理性を欠いたものであることは、現在、「原子力村」の中にいる上層部でさえ、わかっています。
しかしなぜ止められないかというと、今さらやめられないからなんです。
今さら、やめられない。
これは総力戦研究所が「アメリカと戦争すれば必ず負ける」というシュミレーションを出して陸軍参謀本部、海軍軍令部に上奏しているのに戦争に突入したのと同じなんです。
「今さらやめられない」という理屈ですね。
これは東電だけではなくて、民主党の中にも、あるいはあらゆる社会運動団体の中にもある、われわれの悪い癖ですね。
こういう癖から見直していくことも必要です。

あともう一つ。
このデモは単なる出発点ですね。
議員さんとか労働組合員、例えば、電力労連とか電機労連の連中にとっては、こんなデモは痛くも痒くもないんですね。
彼らにとって、例えば政治家にとって何が一番痛いかというと、落選運動ですよね。
原発に対してどのようなスタンスを取るのかによって、投票するかしないかを決めるという落選運動は決定的に彼らは恐い。

あともう一つ。
東電はただの役所みたいなもんですよね。
そこに原発を納入している日立、東芝、三菱、こういう重厚長大産業、昔の軍需産業でもあるこういう企業の製品に対する不買運動、こうしたものを展開していくということ。
企業は営利企業体ですから、儲かると思っているから原発をやっているわけですね。
原発は儲からない、原発をやっていると自分たちの商売が上がったりになると思ったら必ずやめます。
どこの国の企業でもこれは同じです。
政治家に対しては落選運動、原発の様々な納入業者、納品業者に対しては不買運動を徹底して展開していく、そのような有効性、徹底したピンポイントの有効性を狙うような社会運動を展開していかなければならないです。

あともう一つ。
ドイツでは、3.11を受けて地方議会の選挙でグリーン・パーティ、緑の党が第2党になって、第3党の社会民主党と合同すると、第1党、与党になる。
おそらくこれはしばらくすれば、国政のレベルでもそうなるでしょう。
ところが日本はどうでしょうか。
中国地方を中心として反原発を唱えた地方議会の議員はほとんど全部落選しました。
これはなぜか。
われわれが正しい情報を知らされていないからですね。
「絶対安全」という自明性の上に乗っかって生活している人間たち。
たくさんいる。
これはある種の宗教の自明性を同じで、「実は危ないんだ」と思った瞬間に、自明性がガラガラ崩れて不安になってしまうんですよね。
そういう人間たちをいかにして心を解きほぐし、巻き込んでいくのか。
「原発 対 反原発」という、わかりやすい2項図式のままではこういう自明性は壊せませんので、彼らに対して何が合理的で何が大丈夫なのかということを懇切丁寧に伝えていくというような作業も必要となります。
私からのアピールは以上でした。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2011-05-11 03:09 | 社会の時間
保守の立場から原発問題を考える ― 数多の自然災害を経験してきた日本人の常識
a0029616_10493092.jpg

そもそも保守思想は、知識人や役人ごとき人間が設計したシステムに懐疑的な姿勢を示す。

「いったい、お前さんごときが、どこでそんなご立派な判断ができるのですか」と。
「不完全を免れえない人間が設計したものなんて、ろくなもんじゃねぇ」
そのように考えるわけだ。

もちろん保守派も、人間の理性に基づくあらゆる改革を否定するわけではない。
しかしその場合、保守派は歴史を参照する。
人知を超えた常識や経験知といったものを重視しようとする。

原子力発電という、人間が設計したシステム。
いったん事故が起きれば、地球環境や人間の遺伝子に不可逆的なダメージを加えるおそれがある。
国土は汚染され、歴史的景観や人間の営みに取り返しのつかない被害を与える。

電力会社は、これまで「原発の安全性」を強調してきた。
マスメディアにカネをばらまき、御用学者を育て、タレントを使って宣伝をする。(注)
今回の震災でも、「放射性物質が外に出ることはありえない」と説明していた専門家もいる。

そもそも日本人は、自然のあらゆるものに神を見出し、人間もまた自然の一部と考える。
人間が、起こりうる自然の脅威を想定するなんて、勘違いも甚だしいではないか。
自然というのは、想定を超える脅威を我々に及ぼすものである。
地震、津波、台風、火山の噴火など数多の自然災害を経験してきた日本人の常識、経験知である。

今も専門家と称する人たちが、テレビや新聞に頻繁に登場している。
そして、「安全基準を見直せば、原発は安全です」などと発言している。
んなアホな。

原発政策を見直すべきである。
原発はリスクが高すぎる。
日本を原発から守れ!

(注)
学者やマスコミは東電からカネをもらっているため、東電を批判しにくい状況にある。
 東電は、東大などの有力な大学に多額の寄付金を行っている。例えば、東大は東電からの3・5億円程度の寄付講座をもっている。その講座の担当教授はしばしばマスコミに登場する有名学者であったりする。

 一方、東電は巨額な広告宣伝費をマスコミに使っている。有価証券報告書では2007年度以降の記載がないが、それ以前は年間100億円以上使っていた。テレビ、新聞、雑誌は東電の広告収入が大きいので、なかなかモノをいうのは難しい。それは、今回の原発事故の報道をみてもわかる。国内外で東電に対する報道はかなり違っている。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110413/plt1104131552002-n1.htm

共同通信と週刊新潮はジャーナリズムを放棄したようです。
中には「あんたら(共同通信)は原発を推進してきた張本人だろう」と言い放つ関係者もいたという。というのも、数年前、共同は電通と組んで「原発は安全」というPR広告を共同加盟社に流した"前科"があるからだ。

原発事故以降の「新潮」を見ると、東電批判が一切ないという異常事態が続いているからだ。いや、批判しないどころか、東電社員の美談を掲載する始末。その理由はもちろん「広告」だ。

「これまでテレビはもちろん新聞・雑誌など多くのメディアは、東電、そして各電気会社の連合会である電事連から莫大な広告出稿という恩恵にあずかってきました。東電だけで年間220億円以上もの広告費が垂れ流されていた。ゆえにめったなことで東電批判はしない、タブーとなっていた」(メディア事情に詳しい関係者)

 そのため原発事故当初、多くのメディアはあからさまな東電批判を控える傾向にあった。しかし事態は長期化し、放射能汚染が続くと、そんな平時の論理は通用しなくなった。さらに「東電という企業が今のまま存続しないのではないか」(前同関係者)という、何ともご都合主義的な判断から、雑誌メディアを中心に東電批判も展開されるようになる。そんな中、「新潮」だけが一貫して東電批判を控えているのだ。
http://www.cyzo.com/2011/04/post_7025.html

民主党も自民党も電力会社の既得権益と密接な関係にあるので、「原発をなくす」とは言いにくい立場にある。
電力会社は電気事業法に基づき、経済産業相の認可を受けることで営業が認められている。そして非常時には経産相の指示で供給制限や停止を行う。民間企業でありながら政治と密接な関係をもつことは、電力会社と政治家との間に深い結びつきを生んできた。田中角栄元首相ら通産相(現・経産相)経験者をはじめとする自民党の“通産族”議員との密接な関係はよく知られている。

 一方、民主党の最大の支持基盤である連合のなかでも、電力会社の労組でつくる電力総連は大きな影響力を持っている。電力総連は2人の労組出身者を参議院に送り込み、2010年の参院選では48人の民主党議員に推薦を出しているほどだ。

 つまり、自民党議員も民主党議員も電力会社とは密接な関係にあり、「原発をなくす」とはいいにくい立場にあるわけだ。
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110414/Postseven_17557.html

経産省と電力会社はズブズブの関係であるためチェック機能が働かない。
 原発事故が深刻化する中で雲隠れした原発官僚がいる。今年1月に資源エネルギー庁長官から東京電力の顧問に天下った石田徹氏だ。

 東電は「個人情報だから」との理由で報酬を明らかにしていないが、「天下りの不文律として、退官直前と同額程度(年収約1860万円)が払われている」(経産省幹部)とされる。しかも、「ほとぼりが冷めた頃に副社長に昇格する予定」(東電関係者)という。
http://www.news-postseven.com/archives/20110406_16750.html


参考:「保守派の私が原発に反対してきた理由」中島岳志

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2011-04-14 02:41 | 社会の時間
連合会長の画期的な発言を報じないマスゴミ ― 日銀法改正
主党に、デフレ脱却議員連盟(会長は松原仁議員)というものがある。
これは「デフレ脱却を目指して政策提言をしていこう!」066.gifという議員の集まりだ。
100名を超える議員が集まっているらしい。

の会合で、先日、連合の古賀伸明会長が講師として招かれた。
連合と言えば、いわずと知れた民主党の有力支持団体である。
当然、その会長の言葉には大変に大きな影響力があるであろう。

の日、古賀会長は民主党の議員を前にして画期的な発言058.gifをした。
雇用問題を解決するためにデフレ脱却が必要との見解を示し、日銀法を改正して雇用に関する配慮を明記すべしとの発言をしたのである。
もし仮に日銀法が古賀会長の言うように改正されると、日銀は雇用の安定のために金融政策065.gifを行うことが義務付けられる。

用悪化の原因は、デフレ(モノに対してお金が不足している状態)である。064.gif
デフレだと、生産は縮小傾向057.gifになる。
そのため、求人は減るし、リストラが行われる。
賃金は減る。007.gif

用を改善するためには、デフレ脱却が必要なのである。
とすると、労働組合のトップがデフレ脱却を目指した政策提言を行うのはある意味当然のことかもしれない。
しかし今まではどちらかと言うと、雇用法制の規制強化の方向の政策提言が多かったと思う。
連合が、全体のパイを増やす方向の政策提言をすることはあまりなかったのではないか。

ころがである。034.gif
マスコミはこの件をまったく報じようとしない。
なぜか。
元財務官僚で経済学者の高橋洋一さんは「メディアが大切なネタ元である日銀の窮地を察して自己規制してしまったとしか思えない。」と発言している。(注)

沢幹事長の政治資金の問題で、検察の一方的な情報を垂れ流したマスコミが批判された。
「検察のリーク情報を垂れ流すマスコミはいかがなものか!小沢への監視も必要だが、検察への監視も必要ではないか!022.gif」との批判である。
マスコミは、検察に逆らうことができない。
検察の意に反する記事を書くと、検察から情報をもらえなくなるからである(いわゆる「出入り禁止」)。

銀とマスコミとの関係も、おそらくこれとまったく同じ関係なのであろう。
「出入り禁止」を恐れて、日銀の意に反する記事を書けないのである。
これこそジャーナリストの上杉隆さんの言う「ジャーナリズム崩壊」の所以である。047.gif

(注)http://gendai.ismedia.jp/articles/-/441

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2010-04-15 00:26 | 社会の時間
コンビニの深夜営業規制なんて、ばっかみたい。
a0029616_0223676.jpg
今ごろ断念…京都市 コンビニ深夜規制のアホらしさ

都市ってのはさ、学生が人口の1割も占めているんだよ。
10人に1人が学生なんだ。
学生ってのはさ、深夜まで遊んで昼まで寝ることを生業としているわけでしょ。
なのに、コンビニの深夜営業を規制してどうすんのよ。

夜に酒のあてを買いに行けないじゃん。
コイケヤの「ポテトチップス・ガーリック味」を買いに行けないじゃん。
なにを考えてんだ、バカヤロー!!

CO2の削減」とか言ってるけど、ほとんど意味なし。
もし仮に日本全体でコンビニの深夜営業を規制したする。
その場合のCO2削減効果はどのくらいか。

、なんと、日本全体の0.009%に過ぎないと試算されている。
削減効果は無いに等しいんだ。

かもだよ。
コンビニは治安維持に役に立ってんだよ。
田舎のほうだと、コンビニは深夜でも光が灯っている唯一の場所となっている。
とくに女性の駆け込みなどのセーフティステーションとしての役割があるんだよ。

深夜のコンビニはヤンキーの溜まり場になっているから規制すべき」とか言っている人がいる。
アホか。
コンビニを閉めても、ヤンキーは別の場所を溜まり場にするに決まってんじゃん。
「コンビニが閉まってるから家に帰りましょう」なんてことになるわけないじゃん。
むしろ人の目に付きやすいコンビニを溜まり場にしてもらったほうが安全なんだよ。

ンビニの深夜営業を規制するなんて愚の骨頂
ばっかみたい。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2010-03-05 00:23 | 社会の時間
知恩院で宮崎哲弥さんと林田康順さんとの対談が行われた
a0029616_0243068.jpg

知恩院において、宮崎哲弥さんと林田康順さんの対談が行われました。
宮崎さんは僕の師匠なので(僕が勝手に言ってるだけです)、何が起ころうと絶対に行かなければなりません。
2月20日土曜日、知恩院に行ってきました。
死刑制度、自殺などの社会問題から、仏教や浄土宗の意義までの幅広い内容の対談が行われました。
眼から鱗が落ちまくりの1時間30分でした。

a0029616_0211788.jpg
知恩院。浄土宗の総本山です。「南無阿弥陀仏」と唱えれば、みな平等に救われます。
a0029616_021472.jpg
「おてつぎ運動」とは、法然上人の教えを伝えていく運動です。
a0029616_0221134.jpg
南無阿弥陀仏。
a0029616_0223620.jpg
来年は、法然上人が亡くなってから800年だそうです。
a0029616_022452.jpg
どこかの大学生が作った天女です。セクシーですね。
a0029616_0225547.jpg
どこかの大学生が作った法然上人です。唇がぶ厚いです。
a0029616_023976.jpg
石段を上がります。
a0029616_0233523.jpg
法然上人の幼名は、せいし丸と言います。
a0029616_0234728.jpg
対談の前に記念法要が行われました。たくさんのお坊さんが「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えていました。
a0029616_0241881.jpg
キャンデーをもらいました。極楽浄土の味がしました。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2010-02-26 00:57 | 社会の時間
宮崎哲弥×林田康順in知恩院
平成22年2月20日(土)午後2時から3時30分まで、知恩院において、評論家の宮崎哲弥さんと大正大学准教授の林田康順さんとの対談がおこなわれます。
午後1時から記念法要も開催される予定だそうです。

会場 浄土宗総本山 知恩院
入場料 無料
定員 1000名  ※当日定員になり次第締切とさせていただきます

法然上人800年大遠忌を一年後に控えた今年、全国浄土宗青年会は40周年を迎えます。
この設立40周年という節目に、全国浄土宗青年会では、複雑で多元的な現代社会の姿を正しく認識し、どうすれば現代社会の抱える諸問題と対峙できるかを、今を生きる私たちみんなで一緒になって考えたいと思っております。
そこでこのたび、テレビ等で幅広い評論活動を展開されている宮崎哲弥氏をお招きし、大正大学准教授の林田康順氏と共に「これからの社会」「これからの佛教」「これからの浄土宗」を語っていただきたく、両氏の対談を企画いたしました。
当日は同会場にて午後1時~記念法要も開催される予定です。
一人でもたくさんの皆様方のご参集を心よりお待ち申し上げております。
http://www.chion-in.or.jp/topics/korekarano_40th.html


人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2010-02-09 12:18 | 社会の時間
TBSラジオ「アクセス」で、クロスオーナーシップ規制の問題が取り上げられた
クロスオーナーシップ規制の問題が、TBSラジオ「アクセス」で取り上げられました。
この問題がメディアで取り上げられることは画期的なことだと思います。

アクセス特別配信・1月22日(金)・テーマ「クロスオーナーシップの規制」・パート1
http://www.tbsradio.jp/ac/2010/01/11.html
アクセス特別配信・1月22日(金)・テーマ「クロスオーナーシップの規制」・パート2
http://www.tbsradio.jp/ac/2010/01/post-329.html

この日のテーマは、特定の資本が新聞や放送局など複数のメディアを傘下に置く「クロスオーナーシップの規制」について。
他のマスメディアではあまり取り上げられていない話題のため、今回は特別に本編(リスナーの電話を除く)を配信します。

出演:麻木久仁子 二木啓孝(ジャーナリスト)
ゲスト:神保哲生(ビデオジャーナリスト)
電話出演:服部孝章(立教大学教授)


人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2010-01-30 01:00 | 社会の時間