カテゴリ:社会の時間( 83 )
【チベット問題】次々と抗議の声を上げる日本の仏教者
a0029616_312250.jpg

前回、拙ブログにおきまして、書写山 圓教寺のお坊さんがお二人、テレビ番組に出演され、チベット仏教を弾圧する中国政府に対して抗議の声を上げられたことをご紹介いたしました。
この件に関し私は、
お二人に続くお坊さんが次々と出現し、日本の仏教が単なる「葬式仏教」ではないことを示していただきたいと思います。
などと、えらそうなことを書いたわけでありますが、今日、このような記事を発見しました。

チベット沈静化願い僧侶行進 '08/3/27
中国チベット自治区ラサでの大規模暴動の沈静化を願って、広島県内の仏教徒らが26日、広島市中区の原爆ドーム周辺を発着点に平和行進した。
行進を呼び掛けたのは、浄土真宗僧侶らでつくる「非暴力・仏教徒の会」。約100人が「殺すな、殺させるな」と書いた横断幕とプラカードを掲げて約1時間、原爆ドームから八丁堀までの往復約2キロを歩いた。行進に先立ち、中区大手町の西向寺で「チベットの現状」と題した講演会も開き、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が2006年に広島を訪問した際の通訳で、広島修道大非常勤講師の野村正次郎さん(37)が大規模暴動をめぐる背景を解説した。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200803270056.html


この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-04-11 03:02 | 社会の時間
映画「靖国」騒動 - 右翼団体から日本を守れ!映画館関係者よ、毅然とした態度をとれ!
a0029616_3402693.jpg

Excite エキサイト : 社会ニュース
映画「靖国」配給元が4月の封切りを中止  J-CASTニュース
李纓(リー・イン)監督によるドキュメンタリー映画「靖国」の配給元、ナインエンタテインメントとアルゴ・ピクチャーズは2008年3月31日、4月12日に予定していた映画の上映を中止すると発表した。配給元によると、映画が反日的であるとする上映予定館への嫌がらせやトラブルを警戒したためという。すでに新宿バルト9が中止を決めていた。今回はそれに続くもので、銀座シネパトス、渋谷Q-AXcinema、シネマート六本木、シネマート心斎橋の4館。同作は、香港国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞しており、配給元は、「このような事態に陥ったことを大変遺憾に思いますし、日本社会における言論の自由、表現の自由への危機を感じております」とコメントしている。

■僕な、思うねんけどな、別に稲田朋美は悪くないと思うねん。
いや、ちゃうでちゃうで、僕が熟女好きだからとちゃうで。
って、別に熟女好きとちゃうわ!
ロリコンじゃ、ボケ!

「靖国 YASUKUNI」って映画をめぐって、騒動が起きてるやんか。
その発端ってのはな、自民党の稲田朋美が「こんな映画に助成金を交付すんなや」って怒って、公開前に国会議員向けの試写を要求したことにあるそうやねん。
一部に、この稲田の行為を「表現行為に対する圧力だ!」とか言って批判している奴がいる。
そうかなぁ?

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-04-05 03:49 | 社会の時間
【チベット問題】宮崎哲弥が日本の仏教界に忠告する
日本の仏教界は何で黙っているのでしょうか?
同じ仏教徒が弾圧されています。
日本の各宗門の方々、寺院の方々、ぜひともこの仏教に対する弾圧を法難と考えて、中国政府に対して厳しい抗議を行うべきだと思います。
日本の仏教界はこのまま黙っていれば国際的な恥ですよ。

(3月17日放送の「ムーブ!」より博覧強記のキャベツ畑人形 宮崎哲弥の発言)

日本の仏教界は、この状況を見て見ぬふりをするのか。
あるいは何らかのアクションをとるのか。
同じ仏教徒が弾圧されているのにもかかわらず「知らぬ存ぜず」。
これではチベット仏教を弾圧する中国政府と同罪と言えるのではないか。
私も宮崎哲弥と同じく日本の仏教界が中国に対して厳しい態度をとることを期待したい。

【追記】
全日本仏教会がチベット問題についての声明を出されました。
チベット情勢についての声明

チベット問題を宮崎と勝谷がズバッと断罪 1of2(YouTube)
チベット問題を宮崎と勝谷がズバッと断罪 2of2(YouTube)
Miayazaki urges Japanese priests to defend Tibetan buddhists (YouTube)

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-03-18 03:15 | 社会の時間
政府惑わした厚労省の誇大説明 - 相変わらずの厚労省
a0029616_249195.jpg
「一律救済なら負担10兆円」? 政府惑わした厚労省の誇大説明
 
 政府・与党は28日、薬害肝炎訴訟の原告を一律救済する議員立法の骨子案をまとめた。福田康夫首相が「鶴の一声」で救済を決断して、わずか6日間でスピード決着したが、もっと早く救済していれば内閣支持率はここまで下がらなかったとの恨み節も聞こえる。背景には「救済には10兆円必要だ」と誇大な説明を繰り返した厚生労働省と、それに振り回された族議員の姿が浮かび上がる。

 首相が議員立法での救済を表明した翌日の24日。都内のホテルで自民党の谷垣禎一政調会長と公明党の斉藤鉄夫政調会長、与謝野薫前官房長官らが対応を協議した。

 斉藤らが協議を始めようとすると、谷垣氏は「園田(博之政調会長代理)さんが来るまでちょっと…」と難色。園田氏が到着すると、谷垣らは、これまで原告団と交渉してきた与党肝炎対策プロジェクトチーム(PT、川崎二郎座長)で法案策定作業を“丸投げ”しようとした。

 これに与謝野氏は猛反発した。「PTでは駄目だ。あなたがた2人が案を作り、一気に指示を出せ」と一喝した。厚労族が多いPTに預ければ、役人の「呪縛(じゅばく)」から抜け出せないと考えたからだった。

 原告団は当初から、一律救済の対象者となるのは最大1000人程度で国の一時金負担額は最大で200億円に抑えられると主張してきた。「フィブリノゲン」などを投与された患者は推定約1万2000人いるとみられるが、カルテが現存し投与事実を証明できるのは全体の約8%に留まると算定したからだ。

 ところが厚労省幹部は複数の政府・与党関係者に「一律救済を認めれば国の負担は最大10兆円に膨らむ」「原告団には特定の思想がある」との情報を流し続け、与党側の譲歩を牽制(けんせい)。これを真に受けた厚労族や政府高官は「しょせんカネの話だ」と言い放った。

 首相の「呪縛」を解いたのは、与謝野氏らごくわずかな与党議員だった。真相を知った首相は25日夕、首相官邸で被害者らと面談後、ひそかに厚労省幹部を呼び、「話が違うじゃないか」と厳しく叱(しつ)責(せき)した。

 ある自民党幹部は「官僚は組織防衛のためにあらゆるウソをつくことがよく分かった。今回の一件で政治家も目を覚ましたのではないか」と漏らした。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/071229/plc0712290011000-n1.htm

■たしかに遅きに失した感はあります。
もっと早く決断できたはず。
それでも福田首相の被害者を一律に救済するという政治判断はまさしく英断であり、大変すばらしい判断だと思います。

「どうせ急落した支持率回復のためだろう」なんて意地の悪いことを言う人もいるようです。
しかし政治家の責任は結果責任
結果を出した者が勝ちです。
動機がどうであれ、被害者救済の結果につながる首相の決断は高く評価するべきです。

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-12-29 02:43 | 社会の時間
【薬害C型肝炎訴訟】 福田さん、被害者の全員救済は国家の義務ではないですか?
a0029616_1535236.gif国家の目的って、なんでしょう?


a0029616_15454412.gif国民の生命・身体・財産を守り、国民が幸せに暮らせるようにすることですね。


a0029616_1535236.gifでは国家の一組織である厚生労働省の目的はなんでしょう?

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-12-16 16:01 | 社会の時間
日本における「人と人とのつながり」って何だろう?
a0029616_13584625.jpg

<きずなの強さ>家族と87% 地域と45% 内閣府調査
内閣府は17日、今年創設した「家族の日」(18日)に合わせて、「少子化対策と家族・地域のきずなに関する意識調査」の結果を発表した。同居家族とのつながりが「強い方だ」と考える人は87.8%で、「弱い方だ」の6%を大きく上回った。一方、地域とのつながりは「弱い方だ」が52.5%で、「強い方だ」(45.7%)より多かった。内閣府は「家族を大切にする半面、地域とのかかわりは薄くなっているのではないか」と分析している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071118-00000014-mai-soci

■「日本の共同体は血縁に基づくものだ」
そのように誤解している人が多いと思います。
でも実のところはそうではないんですよね(皇室は除く)。
日本の共同体は血縁共同体ではないんです。
伝統的に日本では、血のつながりなんてどうでもええんですよ。

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-11-29 14:20 | 社会の時間
確かなものがない時代にいかに生きるか - ペテン師の類(たぐい)に騙されないために
a0029616_3244867.jpg

■前に拙ブログにおきまして、評論家の宮崎哲弥の「仕事力」についてのコラムをご紹介させていただきました。
宮崎哲弥が「仕事力」を語る
示唆に富むコラムだと僕は感じましたが、いかがでしたでしょうか?
このコラムの中で最も重要だなと僕が感じたのは、この一節です。

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-11-15 03:35 | 社会の時間
宮崎哲弥が「仕事力」を語る
a0029616_1525746.jpg

■評論家の宮崎哲弥(実写版キャベツ畑人形)。
今、最も売れっ子の評論家である。
彼をテレビで見ない日はない(特に関西人は)。
政治評論家と勘違いしている向きがあるが、彼は政治評論家ではなくあくまで評論家である。

■もともとは政治哲学、宗教思想が専門。
しかし彼はその専門領域にとどまらず、漫画・アニメなどのサブカルからフランス書院、小泉今日子、映画、音楽、ラーメン、インディアンカレー・・・
あらゆる分野について的確な評論ができる。

■この博覧強記の宮崎哲弥が「仕事力」について語った。
仕事について悩んでいる君。
いや違う違う、君のことだ。
読んでみたまえ。
何かヒントが見つかるかもよ。
1、固定した価値観などない
2、 「やりたい仕事」は本当にあるのか?
3、 いま社会の伸びしろが見える
4、「端的な答え」に逃げ込まない

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-11-11 01:54 | 社会の時間
【薬害C型肝炎問題】国民の命よりも組織の維持を優先する厚労省は即刻解体せよ!
a0029616_2235221.jpg
 では、破壊された共同体はどこに吸収されていったのか。戦後の推理小説が描いたとおり、ほとんどが大企業、その他、お役所。いずれも、本来は機能集団(functional group)。それが急速に共同体化した。
・・・省略・・・
 ところが、機能集団が一度、共同体と化せばどうなるか。
すでに述べたように、共同体の社会学的特徴は二重規範である。共同体の「ウチの規範」と「ソトの規範」とは、まったく異なる。「してよいこと」と「してはならぬこと」とが、共同体のウチとソトでは、異なるのである。つまり内でも外でも共通する普遍的な規範が存在しないことが、共同体の特徴なのである。
 したがって、機能集団が共同体と化せば、そこには普遍的な規範は存在しない。
共同体のソトでは悪いことでも、共同体のウチでは良いことになってしまう場合が出現する。
 たとえば、薬害エイズ事件での厚生省の対応。厚生省の本来の存在理由である国民の健康を守るという国益は蔑ろにされ、身内の失策を庇うという内部規範が優先されたではないか。
(小室直樹著『日本国民に告ぐ-誇りなき国家は必ず滅亡する』

■相変わらずですね。
やってくれました。
厚生労働省の不祥事。
いわゆる「命のリスト」(血液製剤(フィブリノゲン)によるC型肝炎感染者のリスト)が、厚労省の倉庫に不当に放置されていました。

■本来、C型肝炎感染者の情報を把握していたのならば何よりも先に本人に知らせなければならなかったはず。
なのに、厚労省のお役人さんたちは、見て見ぬふり
これは薬害エイズ事件のときとほとんど同じ構造ですね。

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-10-27 02:18 | 社会の時間
戦死した兵士の遺書 - 忘れてはいけない事実
今日は8月15日
終戦記念日。

先の戦争で戦死した兵士の遺書を載せます。

先の戦争の評価。
今後の日本の安全保障。
いろいろな考え方があるでしょう。

いずれにせよ多くの方の犠牲の上に平和な今があるという事実を私たちは決して忘れてはいけないと思います。
画像をクリックすると大きくなります。

a0029616_2374333.jpg

a0029616_2375995.jpg


この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-08-15 23:12 | 社会の時間