<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
中学生のための『国家』入門の入門 - 第3回「ナショナリズムって、なんだろう?」後半
a0029616_1384435.jpg

まずは、第3回「ナショナリズムって、なんだろう?」前半をお読みください。

■まあ、その点はさておき、このナショナリズムですが・・・
具体的な内容、例えば文化とか民族とか宗教とかいったものを伴わないようにしなければならないと思います。
それはなぜか。
内部的な面外部的な面の両面で弊害が生じるからです。

【具体的な内容(文化・民族・宗教)を伴った場合の弊害】
・内部的な面
・外部的な面

■内部的な面での弊害とは、排外的になるということです。
具体的な内容を伴ったナショナリズムは、少数者の人たちを排除し差別迫害の対象としがちです。
国民の中には、具体的な内容を受け入れられない人たちがどうしても出てきますよね。
その人たちへの迫害、差別を帰結しないようにしなくてはなりません。
となると、ナショナリズムが具体的な内容を伴わないようにしなくてはならないと思います。
【具体的な内容(文化・民族・宗教)を伴った場合の弊害】
・内部的な面 ⇒ 少数者への差別・迫害
・外部的な面

■外部的な面での弊害とは、停戦が困難になるということです。
国家というものは、常に戦争をする可能性のあるものです。
なぜなら、戦争は、国家間の国際紛争を解決する最終的な手段となるものだから。
国際社会において主権国家が並存する以上、国際紛争が必ず生じてしまいます。
国際紛争が基本的には必ず解決をしなければならない。
となると、紛争状態にある国家間において、戦争という解決手段が採用される可能性が出てきます。

■国家と国家が戦争するとき、もしそれが宗教戦争になれば・・・
そのときは許すことができない無条件の戦いとなってしまいますよね。
妥協の余地がなくなっちゃう。
徹底的に殺し合いをしなくてはならなくなる。
そのため、停戦をすることが困難になってしまいます。
「この辺で手打ちとしよう」とは、なかなか言えなくなるんです。
これは大変に危険です。
【具体的な内容(文化・民族・宗教)を伴った場合の弊害】
・内部的な面 ⇒ 少数者への差別・迫害
・外部的な面 ⇒ 停戦が困難

■ですので、ナショナリズムに文化・民族・宗教といった具体的な内容ができるだけ盛り込まれないようにしなければなりません。
文化や民族、宗教といったものは、それぞれの共同体(例えば家族、地域)が育み、そして伝えていくべきものだと思います。

■近代国家には、ナショナリズムが必要不可欠です。
ナショナリズムなくして近代国家は存立し得ないのです。
でも、できうる限り、文化・民族・宗教といった具体的な内容が伴わないようにする必要があるのです。
対内的に差別や迫害を回避し、対外的に停戦を可能とするためです。

■あっ!時間が来ちゃいましたね。
全3回にわたり、お話して参りました、中学生のための『国家』入門の入門。
いかがでしたでしょうか?
では、またの機会にお会いしましょう。
ご清聴ありがとうございました。

【中学生のための『国家』入門の入門】
第1回「国家って、なんだろう」
第2回「国家と憲法はどういう関係なの?」
第3回「ナショナリズムって、なんだろう?」前半
第3回「ナショナリズムって、なんだろう?」後半

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2006-07-31 13:23 | 国家・ナショナリズム・愛国心
中学生のための『国家』入門の入門 - 第3回「ナショナリズムって、なんだろう?」前半
a0029616_217181.jpg

■はい、皆さん、こんにちは。
今日は、中学生のための『国家』入門の入門の第3回目ですね。
今回が最終回となります。
では早速始めたいと思います。

前々回は「国家とは何か」前回は「国家と憲法の関係」についてお話させていただきました。
今回は、ナショナリズムについてお話させていただきます。
■さてさて、ナショナリズムとは何でしょう?
なかなか、パッと明快に説明できませんよね。
前にバスの喩えで国家を説明しました。
覚えていますか?
バス   ⇒  国家
運転手 ⇒  統治機構
乗客  ⇒  国民


■世の中には、たくさんのバスがありますよね。
「アメリカ」というバス、「中国」というバス、「ウガンダ」というバス、「トリニダード・トバゴ」というバス・・・
いろんなバスが走っています。

■そんな中で、何ゆえに私たちは「日本」というバスを選んだのか。
その「日本」というバスを選んだ理由こそが・・・
そう、ナショナリズムなのだと思います。

■ナショナリズムは、近代国家成立にとって欠かすことができないもの。
近代国家存立の基礎となるものです。
国民としての意識、言い換えれば「連帯性の原理」
「同じ国の国民だ」という連帯感を持つことです。
この連帯感が欠ければ、近代国家は一挙に崩壊することになるでしょう。

■この同じ国民としての連帯感情は、自然に生まれてくるとは限りません。
日本の場合は、たまたま大陸から孤立した島国ですから、この連帯感情を自然に生まれる感情と思いがちですが、そんなことはありません。
これは外国へ行くとすぐにわかりますね。

郷土への愛情(パトリオティズム)、これは自然に生まれる感情です。
自分が生まれ育った郷土への愛情。
例えば、
故郷近くなれば、城の天守閣こそまず目をよろこばす種なれ。低き家、狭き町、淋しき松縄手、丈高き稲の穂、鼻の尖に並びたる連山、おさなき頃より見慣れたる一軒家、見るもの皆莞爾として我を迎うるがごとし、いずれなつかしからぬはなし
(正岡子規「故郷」)
こういうのが郷土への愛情、つまり愛郷心です。

■一方、ナショナリズム。
これは近代国家とともに生まれた人為的なもの、つまり前近代から近代へと移行するに際して人の手によって作り出されたものなのです。
国民教育(国語の教育など)の結果として生まれるものなんですね。

■日本においては明治期になるまで、多くの日本人には「日本人としての意識」なんてありませんでした。
そこで、どうしたのかというと・・・
明治政府が、天皇をシンボルとして用いることにより(天皇教)、人為的にナショナリズムを涵養していったのです。
まあ、この点については話し出すと長くなるので、以上にします。

■さて、このナショナリズム。
多民族国家で、しかも広大な領土を有する国においてはその涵養には大変な努力が必要となります。
アメリカなんて、至る所に星条旗が掲げられていますよね。
これはなぜかと言いますと、そのようにしないと、連帯感情が薄れてしまうからです。
ですので、常に連帯感を鼓吹する必要があるんです。

中国もそうですね。
いろんな民族が入り混じっています。
だから、ナショナリズムを煽り立てないとダメなんです。
いわゆる反日教育ってのは、そのための手段なんですね。
日本人としては、いい迷惑ですが・・・

■もともと中国人は、「中国人としての連帯感情」が薄いようです。
一方で強く持っているのは、自分の所属する共同体(宗族、パオなど)への帰属意識。
なので、もしかしたら早晩、中国は分裂してしまうかもしれません。
春秋戦国時代や三国志の時代に逆戻りする可能性があります。

後半へ続く

【中学生のための『国家』入門の入門】
第1回「国家って、なんだろう」
第2回「国家と憲法はどういう関係なの?」
第3回「ナショナリズムって、なんだろう?」前半
第3回「ナショナリズムって、なんだろう?」後半

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2006-07-31 02:31 | 国家・ナショナリズム・愛国心
「右翼」「左翼」の「二項対立」思考から脱却しよう!
a0029616_2391214.jpg

■1989年、ですから今から17年前ですね。
この年に大ベストセラーになったのが、大前研一の『平成維新』
この本の第一章の冒頭部分に以下のような一節があります。

この続きも読んでね♥(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2006-07-28 02:51 | 社会の時間
『BSE感染の可能性があり、健康を害する恐れがあります』
a0029616_2245814.jpg

■週刊プレーボーイ(毎週月曜日発売)に連載中の「時評家・宮崎哲弥の明日はどっちだ!ニュースジャッジ」。
毎週、宮崎てっちゃん(評論家の宮崎哲弥)が、時事問題について鋭くぶった斬ります。
今回のタイトルは
「米国産牛には『BSE感染の可能性があり、健康を害する恐れがあります』という注意書きが必要だ!」
です。

■政府は、27日にアメリカ産牛肉の輸入再開を決定する模様です。
まさに売国的行為
国民の命をアメリカに売り渡す暴挙と言えましょう。
宮崎てっちゃんが、この点についてわかりやすく解説しています。
7月24日の「ムーブ!」(ABC)で放送されたものから引用します。

この続きも読んでね♥(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2006-07-26 02:42 | BSE(狂牛病)問題
「どこにでもある街」なんて、つまらないと思いませんか?
a0029616_144191.jpg

■7月22日の読売新聞夕刊大阪版を読んでいると、興味深い記事を発見しました。

「長屋 好きやねん」 大阪・飲食店などに活用 若い世代集う
大阪の街中に残る戦前の木造長屋などの古民家を改修し、飲食店などに活用する動きが広がっている。
郷愁を誘うレトロなたたずまいに惹かれて集うのは、豊かな時代に生まれ育った若い世代。
「隠れ家みたい」「ほっとする」と魅力を口々に語る。
隣家と軒を連ねる長屋暮らしへの憧れから、都心のマンションから移り住む家族も。
都心回帰現象で高層マンションの建設が相次ぐ中、その対極にあるとも言える<長屋回帰>とは―。

・・・(省略)・・・不動産業者によると、こうした古民家ブームは4.5年前に始まった。
現在、一つの物件に希望者が殺到する品薄状態という。

大阪の建物に詳しい大阪ガスエネルギー・文化研究所客員研究員の
弘本由香里さんは、
京都や奈良では古民家といえば、一戸建ての町屋が多いが、大阪では9割が長屋。職人が材質や技術を競い合って良質なものが多い。長屋など古民家を街づくりに利用しない手はない
と話す。


この続きも読んでね♥(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2006-07-24 01:54 | 社会の時間
宮崎てっちゃんが北朝鮮・親北勢力を斬る!
a0029616_2173655.jpg

■先程、ビデオに録画していた、6月29日放送分の「ムーブ!」(朝日放送)を見ました。
29日は、韓国人拉致被害者である金英男氏の会見があった日。
宮崎てっちゃん(評論家の宮崎哲弥氏)は、いつもにも増して怒りを露わにしていました。
コミュニタリアン(共同体主義者)として家族の紐帯を大事にされる方ですから、拉致被害者家族の思いを弄ぶ北朝鮮の態度に我慢ならなかったのでしょう。

■さて、その宮崎てっちゃんですが、『週刊プレイボーイ』に連載をお持ちです。
その名も『時評家・宮崎哲弥の明日はどっちだ!ニュースジャッジ』
毎回、時事問題について、週刊プレイボーイの読者にもわかりやすい言葉で鋭く分析されています。
今回のテーマは、北朝鮮
以下のような記述があります。

この続きも読んでね♥(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2006-07-01 02:34 | 国際社会を生き抜く