<   2007年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「はだしのゲン」で核軍縮訴え - 麻生外相の肝いりが実現
a0029616_2242033.jpg

Excite エキサイト : 政治ニュース
「はだしのゲン」で核軍縮訴え 外務省がNPT会議で配布
ウィーンで30日から始まる核拡散防止条約(NPT)再検討会議の準備委員会で、日本政府代表団が広島の被爆体験を描いた漫画「はだしのゲン」の英語版を会場内で展示、配布することになった。
大の漫画ファンで知られる麻生外相の肝いりで実現、原爆の悲惨さを生々しく描写した漫画で核軍縮を訴える。
「はだしのゲン」は原爆で父、姉、弟を失い、自らも被爆した少年ゲンが懸命に生きていく姿を描いた物語。

■これはいいね。
まず「麻生外相の肝いり」という点が良い。
もしサヨク系の政治家が同じようなことをしたとすれば、おそらくウヨクの皆さんが反発することでしょう。
「やれやれ、相変わらずサヨクの頭の中はお花畑だな」と。

この続きも読んでね♥(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-04-30 02:32 | 国際社会を生き抜く
三宅久之の中国的な憲法観には賛成できない - 憲法の本質とは何か
a0029616_1591643.jpg

■4月15日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」で、政治評論家の三宅久之さん
左翼は「憲法は統治権力を制限するものだ」と言っているが、私は賛成しない
との趣旨のことを言っていました。

■これに対して評論家の宮崎哲弥さん(和製ジャッキーチェン)が
私は左翼ではないが、憲法は統治権力を制限するものだと考える
との趣旨のことを言いました(正確には「国民による統治権力への命令だと考える」と言っていた)。

憲法の本質をどう考えるかについては大きく分けて2つあります。
① 統治権力からの国民への命令で、国民にとっての義務規定
統治権力→→(命令)→→国民

② 国民からの統治権力への命令で、統治権力にとっての義務規定
国民→→(命令)→→統治権力

■①の考え方は、中国の考え方(儒教+法家の思想)です。
中国では、「法」とは国民を統治するための手段です。
つまり憲法の本質を、道徳的な権力者による不道徳な社会・国民に対する命令であると考えます。

■一方、②の考え方は、欧米などの近代民主主義社会の考え方です(左翼の考え方ではない)。
統治権力は強大な権力ゆえにそれが濫用されると国民の権利・自由が害されるおそれがある。
そこで憲法によって統治権力を雁字搦めにし、統治権力の濫用的行使によって国民の権利・自由が侵害されないようにしようと考えます。
つまり憲法の本質を、国民による、濫用されると恐ろしい統治権力に対する命令であると考えるわけです。

■三宅久之さんは日ごろ、中国に対して批判的な立場の人です(この点は私も一定の理解ができます)。
ところが実のところは三宅さんは中国人と同じような発想をする人でした。
近親憎悪ってことでしょうかね。

【参考文献】
宮崎哲弥・川端幹人著『事件の真相』
【オススメの憲法の本】
小室直樹著『日本人のための憲法原論』
長谷部恭男著『憲法と平和を問いなおす』

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-04-25 02:01 | 日本国憲法を考えよう
ピカピカの大学1年生にオススメしたい本 - 『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』
a0029616_311362.jpg

■この、遙洋子著『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を今年、大学に入学したピカピカの大学一年生にオススメしたい。
いやいや、「この本を読んで上野フェミニズム(女性学)を学べ!」と言いたいわけではありません(私は上野の主張は時代錯誤的だと思う)。
この本を読めば、「学問とは何か?」「学問を学ぶとは何か?」「学問を学ぶ姿勢とは?」といった点を理解できると思うのです。

■せっかくツライ受験勉強して大学に入学したんだから、バイトや合コンだけに明け暮れるというのではモッタイナイ
ある程度の学問を身に付けてみましょうよ。
必ず役に立ちますって。

この続きも読んでね♥(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-04-24 03:13 | オススメの本
バージニア工科大銃乱射事件と池袋通り魔事件との共通性
a0029616_23211714.jpg

■4月19日放送の「ムーブ」で宮崎哲弥(和製ジャッキー・チェン)が
「今日(19日)上告を棄却された池袋通り魔事件の造田博がもし拳銃を持っていたなら、バージニア工科大銃乱射事件のチョ・スンヒのようなことをしただろう」
との趣旨のことを発言していました。

■宮崎哲弥が言うとおり、造田博チョ・スンヒとは似ている部分がたくさんあります。
それは、自分を疎外する社会への憎悪が犯行の動機となっている点、宗教によって自己の犯行を正当化しようと試みている点、空想の中での恋人がいた点です。

この続きも読んでね♥(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-04-20 23:07 | 犯罪・刑罰・裁判
長崎・伊藤市長が撃たれる - 「われに自由を与えよ、しからずんば死を与えよ」
a0029616_16115399.jpg
Excite エキサイト : 社会ニュース
<長崎市長銃撃>伊藤市長が死亡 搬送先の病院で18日未明
長崎市で17日夜、山口組系暴力団幹部に銃撃され、心肺停止状態となっていた伊藤一長・同市長(61)は18日午前2時28分、搬送先の長崎大付属病院で、大量失血のため死亡した。

■一瞬、「また右翼の仕業か」と思いましたが、そうではなかったようですね。
報道によると、右翼活動家がその偏った政治信条に基づいて異なる考え方の人を排除しようとしたというわけではなく、交通事故や公共事業を巡るトラブルが原因のようです。

この続きも読んでね♥(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-04-19 00:30 | 政治・経済に一言
ニッポンの城を巡る - 姫路城編
a0029616_0561660.jpg

■日本には数々のがあります。
築城当時のままの姿を残す城から、最近になって復元されたコンクリートでできた城まで。
どこやかしこにある。

■この多くの城の中で最も美しい城であると言っても過言ではない城。
最も華麗で壮大な城であると言っても過言ではない城。
そうです。

この続きも読んでね♥(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-04-17 01:10 | 私の旅日記