<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
【朝鮮総連・仮装売買】この事件の背後にいるのは、この人物!?
a0029616_1178100.jpg
Excite エキサイト : 社会ニュース
緒方・元公安庁長官を詐欺の疑いで逮捕
朝鮮総連中央本部の土地と建物の売買を巡り、東京地検特捜部は2007年6月28日、緒方重威・元公安調査庁長官(73)ら3人を詐欺の疑いで逮捕した。緒方容疑者らは、売買代金を払うと総連側に虚偽の説明をした上で、07年6月1日に総連の土地と建物の所有権を緒方容疑者の投資顧問会社へ移転登記させて、だまし取った疑い。

■当初、朝鮮総連は、電磁的公正証書原本不実記録罪などの共犯であると伝えられていたはず。
なのに、蓋を開けてみれば、総連は詐欺罪の被害者だってさ。
んな、アホな!
でもこれで、だいたいおぼろげながらこの事件の背景がわかってきましたね。

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-06-30 15:13 | 政治・経済に一言
「ミスター年金封じ?」 ― 国民の利益を害する自民党
a0029616_033399.jpg

■先日国会の会期が延長されました。
毎年1回開かれる通常国会。
国会法により会期は150日間と定められていますが、一回限り延長が認められています。

■安倍総理は「重要法案の審議時間を確保するため」との理由により会期の延長をすることにしました。
ところが、どうしたことでしょう。
今日、このニュースを見て驚きました。

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-06-28 00:39 | 政治・経済に一言
【寝屋川教職員殺傷】控訴審公判が始まる
a0029616_1221372.jpg
Excite エキサイト : 社会ニュース
少年の控訴審公判始まる 寝屋川の小学校内殺傷事件 共同通信
大阪府寝屋川市立中央小学校で05年2月、教職員3人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われ1審で懲役12年の判決を受けた卒業生の少年(19)の控訴審第1回公判が26日、大阪高裁で開かれた。弁護側は家庭裁判所への移送を訴え、検察側は「無期懲役以外あり得ない」と主張。被告人質問で、少年は「精神状態は以前に比べて安定しているが、日によっては落ち込むこともある」と近況を話した。

■控訴審での公判審理がスタートしましたね。
この裁判は、広汎性発達障害の少年をいかに処遇するべきかが最大の争点です。

■奈良県田原本町の放火殺人事件の少年に関しては本当に広汎性発達障害であるか疑わしいですが、この事件の少年については障害の事実は間違いないと思います。
注視していきたいと思います。

【拙ブログ関連記事】
1.寝屋川教職員殺傷事件公判を傍聴して・・・
2.【寝屋川・教職員殺傷】広汎性発達障害を持つ少年への処遇は如何にあるべきか

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-06-27 01:37 | 犯罪・刑罰・裁判
伏見稲荷大社に行ってん。
a0029616_22522780.jpg

4月にね、伏見稲荷大社に行ってきてん。
そう、お稲荷さんやで。
その時の写真を載っけるね。
めっちゃ、きれいやで。

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-06-23 23:00 | 私の旅日記
松岡利勝前農水相「自殺」の謎 - 簡単なまとめ
最近はあまり報道されなくなってきた松岡利勝前農水相「自殺」
未だに謎は解明されていません。
うやむやのうちに終わらせていいのか。
そこで簡単に謎の部分をまとめてみました。

1、動機
松岡利勝前農水相の逮捕は予定されていた。
しかし、政治に影響を与えないという特捜の行動パターンから考えると、それは参院選挙が終わった後。
今、「自殺」を図る理由が分からない。

2、元理事の自殺
松岡利勝前農水相が「自殺」がした翌日に、森林開発公団(現緑資源機構)の山崎進一元理事が「自殺」。
山崎氏は官界と政界をつなぐキーパーソンの一人

3、側近の自殺
松岡利勝前農水相の自殺の10日前、松岡利勝前農水相の地元事務所の「側近」といわれる損保代理店社長(62)が熊本県阿蘇市の自宅で「自殺」。

4、放置
12時20分、議員会館で松岡利勝前農水相が首を吊って自殺しているのが発見されたが、20分間、降ろされずに放置されていた。
人間は15分を超えて首を吊られると100%蘇生がありえない。
確実に死に追いやるために放置されたと推測できる。

5、自殺の予見
掲示板「2ちゃんねる」に、自殺の2日前に松岡利勝前農水相の自殺を予見する書き込みがあった。
http://anond.hatelabo.jp/20070529105309

6、遺書の改ざん
当初発表された遺書の内容が変更された。
「内情は妻が知っている」と当初は発表されたが「遺書のある場所は妻が知っている」に変わった。

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-06-16 13:43 | 政治・経済に一言
【大阪・姉妹殺害】控訴取り下げ死刑確定
a0029616_1202416.jpg
大阪・姉妹殺害、控訴取り下げ死刑確定
大阪市浪速区のマンションで05年11月、姉妹2人を刺殺して現金を奪ったなどとして強盗殺人罪などに問われ、大阪地裁で死刑判決を言い渡された山地悠紀夫被告(23)は1日までに、弁護側の控訴を取り下げた。死刑が確定した。弁護人によると、山地被告自身は控訴に消極的だったという。判決によると、山地被告は05年11月17日未明、浪速区のマンションで、上原明日香さん(当時27)、千妃路さん(同19)の胸などをナイフで刺して殺害。現金5000円などを奪って室内に放火した。山地被告は00年7月、山口市の自宅で母親(当時50)を金属バットで殴って殺害。少年院送致となり、03年10月に退院していた。
http://osaka.nikkansports.com/news/p-on-tp6-20070602-207537.html

■先日、山地悠紀夫に言い渡された死刑判決が確定しました。
接見した弁護士に対し山地悠紀夫は、
「生きていても仕方がない」
「生まれてこない方がよかった」
「年内(07年)には死刑執行される」
などと話したそうです。

■一方、殺害された姉妹の父、上原和男さん(58)は
「死刑は当然です。いくら死刑になっても大事に育ててきた娘は帰ってこない。事件が二度と起きないように、国が厳しく罰することが必要と思う」
と話しました。

■前にも書きましたが、彼の犯した罪の重さから考えると、山地悠紀夫の死刑は当然です。
ただし、国が厳しく罰することだけでは、この事件のような死刑になることを恐れない者による自暴自棄型・脱社会型の犯罪を防ぐことは難しいと思います。

■「他人からの承認なんか必要ない」と、社会から離脱する者が出現しにくくなる社会を作る必要があると思います。
つまり誰にも「居場所」がある社会です。

【拙ブログ関連記事】
1、大阪姉妹殺害事件 - 「居場所」なき者の犯罪
2、【大阪姉妹殺害】23歳被告に死刑求刑 ― 語られなかった反省の言葉
3、【大阪・姉妹殺害】山地被告に死刑判決 - 裁判を傍聴して感じたこと
4、【大阪姉妹殺害】弁護人が大阪高裁に控訴

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-06-13 00:06 | 犯罪・刑罰・裁判
自衛隊が国民を監視 ― シビリアン・コントロールの意義を知らない馬鹿げた行為 その2
a0029616_113123.jpg

前回(その1)の続きです。
シビリアン・コントロールとは、大雑把に言えば、政治が軍事に優先するということです。
その目的は、軍の独走を抑止する点にあります。

■シビリアン・コントロールのもとでは、作戦用兵の成功も失敗も、すべて軍の最高指揮官である内閣総理大臣が負います。
つまり政治が責任を負う。
「俺(政治家)が全責任を負う。だから、軍隊は俺の言う通りに動け!」
こういうことです。
■なので軍隊は政治にあれやこれや口出ししてはなりません。
軍隊は政治的中立性を厳守すべき組織なのです。

■おそらく自衛隊員の中にはいろんな政治的な信条の持ち主の方がおられることでしょう。
右、左、コミュニタリアン、リバタリアン、オバタリアン、コンサバ、シメサバ、ハゲ、カツラ、ざこば・・・
たとえ指揮官たる政治家と政治的立場が異なっていたとしても、政治家の言うとおりに動くのが軍隊の仕事です。

■共産党が入手した文書によると、自衛隊は市民団体や報道機関、労働組合、政治家などを幅広くその活動を監視をしていたようです(ある政治家の意見を「自衛隊の活動を誹謗している」と評価している)。
シビリアン・コントロールの観点からすると、これは明らかに不適切な行為です。
軍隊は政治的中立でなくてはなりません。

■久間章生(防衛大臣)は「差し支えない」などとほざいているようですね。
久間はシビリアン・コントロールの意味を知らないのでしょう。
大臣失格です。

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-06-09 01:08 | 日本国憲法を考えよう
自衛隊が国民を監視 ― シビリアン・コントロールの意義を知らない馬鹿げた行為 その1
a0029616_1321496.jpg

Excite エキサイト : 政治ニュース
<自衛隊監視活動>イラク派遣反対の団体など 共産党が発表
 共産党は6日、防衛相の直轄部隊「情報保全隊」が、自衛隊のイラク派遣に反対する全国の市民団体や野党議員の動向、デモ参加者の写真、記者の取材内容などを組織的に収集していたことを示す内部文書を入手した、と発表した。
 文書は03年11月から04年2月にかけて、陸自東北方面情報保全隊と保全隊本部が作成したとされる2種類で計166ページ。イラク派遣に対する市民団体の活動が週ごとに記録されている。また04年1月の記録で、民主党の増子輝彦衆院議員(現参院議員)が、隊OBらが組織する「隊友会」の祝辞でイラク派遣に反対したことに触れ、「派遣を誹謗(ひぼう」などとしている。
 報道機関については「青森駐屯地から退庁する隊員に取材を実施」などの記載がある。毎日新聞の記事については、04年2月21日の朝刊でイラクに赴く自衛隊員の安全を祈って全国に「黄色いハンカチ運動」が広がり、この動きに映画監督の山田洋次氏が異議を唱えていると報道したことに言及。「批判的な考えを表明している映画監督の回答を掲載」などと記録。登場する団体・個人数は290に上る。

■6月7日放送の「ムーブ!」(ABCテレビ)
宮崎哲弥が吠えた!
「私は自衛隊というのは国軍にするべきという意見の持ち主で憲法改正論者ですけれども、あくまでそれはシビリアン・コントロールというものを徹底して、法律の下において活動をするという原則で国軍だということを主張したいわけですよ。」
「大半は違法行為とは言えないとはいえ、一部に違法行為の可能性が高いもの、例えば写真を撮ったりするものがありますし、全体として脱法行為に近いですよね。こういうことを暗々裏にやっていたということは自衛隊や防衛省に対する信頼性を失わせる意味で非常に不適切です。」

シビリアン・コントロールの意義は何か。
それは、作戦用兵の責任の所在は、軍の最高指揮権者である内閣総理大臣にあるということです。

■この内閣総理大臣。
国民を代表する国会議員により構成される国会によって選ばれる。
なので、究極的には国民に責任が及ぶことになります。

■言うまでもなく、責任は、権利自由と表裏一体
ということは、国民に、自由な意思に基づく自由な表現活動をすることが保障されなければならない。
自由がないのに責任なんて負えないもん。

■なので、コントロールの客体である自衛隊が、主体である国民の表現活動に介入することは絶対に認められません。
え!?「情報収集ぐらい、別にええやん!」って?
いや、そんなことはない。

「もしかしたら自衛隊に監視されているかも?」
国民の間にこういう意識が広がり、表現の自由の行使に委縮効果が生じる。
自衛隊の活動に反対する言論活動をしたいが、監視を恐れて差し控える。
こういう事態が生じるおそれがある。
これはかなりヤバい!

■結論。
今回の自衛隊の行為は、シビリアンコントロールの意義を知らない馬鹿げた行為である。
久間防衛大臣は、責任を取って辞任するべきだ。
私は、憲法9条改正論者こそが徹底的に今回の自衛隊の行為を批判するべきだと思う。

「その2」へつづく

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-06-08 03:56 | 日本国憲法を考えよう
宮崎哲弥が選ぶ!絶対必読の新書
a0029616_2254447.jpg

評論家・宮崎哲弥が選ぶ!絶対必読の新書
「日本人の知」をパッケージした絶対必読の「新書」17冊(SAPIO2006年10月25日号)より

通勤・通学のお供として新書を読んでみてはいかが?
激動の時代を生き抜く知性を手軽に身に付けることができます。
たぶん。

自由主義の再検討
藤原保信

憲法と平和を問いなおす
長谷部恭男

憲法とは何か
長谷部恭男

国際政治とは何か-地球社会における人間と秩序
中西寛

日本の「ミドルパワー」外交
添谷芳秀

アメリカ外交とは何か-歴史の中の自画像
西崎文子

日本とフランス 二つの民主主義-不平等か、不自由か
薬師院仁志

インターネットの法と慣習-かなり奇妙な法学入門
白田秀彰

歴史学ってなんだ?
小田中直樹

<子ども>のための哲学
永井均

入門!論理学
野矢茂樹

インド人の論理学-問答法から帰納法へ
桂紹隆

仏教の源流-その知と信
山崎勇夫

お葬式をどうするか-日本人の宗教と習俗
ひろさちや

キリスト教を問いなおす
土井健司

夢の科学-そのとき脳は何をしているのか?
アラン・ホブソン著/冬樹純子訳

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-06-07 00:43 | オススメの本
【生き埋め殺害】元東大阪大生ら3人に懲役刑
<生き埋め殺害>元東大阪大生ら3人に懲役刑 大阪地裁 [ 05月31日 11時59分 ]
東大阪大(東大阪市)の学生ら2人が生き埋めにして殺害された事件で、このうち1人への殺人罪などに問われた元東大阪大生、佐藤勇樹(22)と無職、徳満優多(22)の両被告に対し、大阪地裁はともに懲役9年(求刑・ともに懲役18年)を言い渡した。無職、佐山大志被告(22)は懲役7年(同・懲役15年)。和田真裁判長は「首謀者に安易に同調し暴走させる結果を招いた責任は重い」としたが、「関与は従属的だった」と述べた。【川辺康広】

■なるほど、そうきましたか。
前に私は、検察の求刑は重すぎるのではないかと書きました。
http://asatteblog.exblog.jp/5301584/

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-06-01 02:09 | 犯罪・刑罰・裁判