<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
『虹の女神 Rainbow Song』を観た - 上野樹理はええなぁ
a0029616_2125559.jpg

失って初めて身近にいた人物の大切さに気づく・・・
という、よくありがちな内容です。
でも、監督の目論見どおり、きちんと僕は感動してしまいました。

■「虹の色って、ぱっと言われるとわかんないよな」
あおい(上野樹理(注1))の妹かな(蒼井優)に虹の色を尋ねられて即座に答えられない智也(市原隼人)。

■「あんなに近くにいたのに・・・」
鈍感ゆえに、あおいの気持ちを気付くことができなかった智也。

あおい=虹
女(相田翔子)に騙されて智也は再び虹(=あおい)を見る。
ところが・・・

■彼女(彼氏)とデート、でも外に出るのは暑いから二人で家でDVDでも観よう・・・
という方にお勧め(注2)
5点満点で4点。(注3)



(注1)最近、兵庫県出身の女優さんの活躍が目覚ましいですね。上野樹理しかり相武紗季しかり松下奈緒しかり戸田恵梨香しかり。同郷の僕としては嬉しい限りです。
それにしても上野樹理は演技がうまいね。微妙な感情を表情や仕草で表現する演技力が素晴らしいと思います。この演技力を撮影現場以外のところ(記者会見など)でも生かせればいいんだけどね。

(注2)もちろんそれ以外の人にもオススメ。

(注3)ちなみにこの作品の原案・脚本は宮台真司の前の嫁さんです。

虹の女神 Rainbow Song 33秒 予告編(YouTube)

「虹の女神 Rainbow Song」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-08-21 02:07 | 映画の感想だよ
戦死した兵士の遺書 - 忘れてはいけない事実
今日は8月15日
終戦記念日。

先の戦争で戦死した兵士の遺書を載せます。

先の戦争の評価。
今後の日本の安全保障。
いろいろな考え方があるでしょう。

いずれにせよ多くの方の犠牲の上に平和な今があるという事実を私たちは決して忘れてはいけないと思います。
画像をクリックすると大きくなります。

a0029616_2374333.jpg

a0029616_2375995.jpg


この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-08-15 23:12 | 社会の時間
【光市母子殺害事件】野田正彰が宮崎哲弥に反論!ところが・・・
a0029616_2463825.jpg

http://www.sankei.co.jp/culture/bunka/070804/bnk070804000.htm

■いやはや、ちょっとすごいですね。
この野田正彰って人は、わずか数行の文章すらまともに読めないようです。
こんな人が、精神科医であり、関西学院大学の教授をしているとは・・・
ヒロT(ヒロ寺平)やら、笑T(笑い飯の哲夫)が怒ってくるぞ。

■野田は、宮崎哲弥の文章をまともに読めないらしいので、私が宮崎の文章をわかりやすく、しかも超短く要約してみましょう。

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-08-05 02:25 | 犯罪・刑罰・裁判
【東大阪大生リンチ殺人】広畑被告に無期懲役を求刑 - 「プレジ」と呼ばれた男
a0029616_13324290.jpg
Excite エキサイト : 社会ニュース
元府立大生に無期懲役求刑 生き埋め殺人事件
大学生ら2人を生き埋めにして殺害したとして、殺人などの罪に問われた、元大阪府立大生広畑智規被告(22)と元大阪商業大生白銀資大被告(23)の論告求刑公判が30日、大阪地裁であり、検察側は広畑被告に無期懲役、白銀被告に懲役25年を求刑した。論告で検察側は「圧倒的な人数と力を背景に、被害者をもてあそんだ」と述べ、犯行の残忍さを強調。いずれも重要な役割を果たしたと指摘した。

■広畑智規はいつものように背中を丸め、うつむき加減で入廷してきた。
報道された写真と異なり、坊主頭で、眼鏡をかけている。
色白でヒョロッとしており、ごくごく普通の青年に見える。

■7月30日、大阪地裁201号法廷。
東大阪大生リンチ生き埋め殺人事件の被告人である広畑智規の公判が行われた(白銀資大の公判も行われた)。
■この日はまず被告人の親族が情状証人として証言をし、その後、被害者のご遺族が意見陳述を行った。
佐藤その他の被告人のときもそうだったが、同じ期日に被告人と被害者の家族を呼び出すというのは妥当な措置なのだろうか。
両者主張の事実に齟齬があった場合にそれを直ちに正すためか。
それとも被告人家族に面と向かっての謝罪の機会を与えるためか。

■この日はその後、検察による論告、弁護側による最終弁論が行われた。
検察側の主張
・「名案が浮かんだ」と報復計画を発案。(暴行脅迫の共謀)
・第2現場(公園)を出発する時点で被害者Fさんを殺害する意思を持った。(Fさん殺害の共謀)
・Fさんを生き埋めする際に「穴が浅いんじゃね?」「まだ生きてんじゃね?」と発言。
・「じゃあ、頼むわ」「最悪、同じ場所に埋めるしかねえな」と被害者Iさん殺害を小林竜司に指示。(Iさん殺害の共謀)
・小林に責任を負わせるための口裏合わせ。
・Fさんの携帯電話の処分を指示。
・佐藤、徳満に暴行をするよう指示。
・たばこの吸い殻を拾い証拠隠滅を図る。
・友人グループのリーダーであり、「プレジ」(プレジデントの略)と呼ばれていた。
・虚偽の供述をしており、反省の情はない
・小林は自分の刑責を認めたうえで証言をしており、しかも具体的であるので信用性がある。
などと主張し、無期懲役を求刑した。

■一方、弁護側
・広畑は暴行を加えていないし、指示もしていない。
・事前に第三現場(産業廃棄物集積場)に行くことを知らされていなかった。
・求刑をネタに検事から利益誘導を受けた。
・小林、少年Dなどの証言は、自身の関与の度合いを低く認定させるためのものであって信用できない。
・この事件は、岡田(暴力団関係者)立案指示により小林によって行われたものであり、広畑は立案していない。
などと主張し、相当程度の有期刑を求めた。

■私にはどちらの主張が正しいのかよくわからない。
検察側の立証は、合理的疑いを入れない程度にまで達しているのかどうか。

■ただ、広畑は自分の責任を軽くするため不自然な供述をしているように何度か感じた。
判決は10月2日に言い渡される。
求刑通りの判決が言い渡されるのではないか。

【拙ブログ関連エントリー】
生き埋め殺人 - なぜ止められなかったのか
【東大阪大生リンチ殺人】主犯格に死刑判決 - 重すぎるのではないか
【生き埋め殺害】元東大阪大生ら3人に懲役刑

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-08-01 01:01 | 犯罪・刑罰・裁判