<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
【薬害C型肝炎問題】国民の命よりも組織の維持を優先する厚労省は即刻解体せよ!
a0029616_2235221.jpg
 では、破壊された共同体はどこに吸収されていったのか。戦後の推理小説が描いたとおり、ほとんどが大企業、その他、お役所。いずれも、本来は機能集団(functional group)。それが急速に共同体化した。
・・・省略・・・
 ところが、機能集団が一度、共同体と化せばどうなるか。
すでに述べたように、共同体の社会学的特徴は二重規範である。共同体の「ウチの規範」と「ソトの規範」とは、まったく異なる。「してよいこと」と「してはならぬこと」とが、共同体のウチとソトでは、異なるのである。つまり内でも外でも共通する普遍的な規範が存在しないことが、共同体の特徴なのである。
 したがって、機能集団が共同体と化せば、そこには普遍的な規範は存在しない。
共同体のソトでは悪いことでも、共同体のウチでは良いことになってしまう場合が出現する。
 たとえば、薬害エイズ事件での厚生省の対応。厚生省の本来の存在理由である国民の健康を守るという国益は蔑ろにされ、身内の失策を庇うという内部規範が優先されたではないか。
(小室直樹著『日本国民に告ぐ-誇りなき国家は必ず滅亡する』

■相変わらずですね。
やってくれました。
厚生労働省の不祥事。
いわゆる「命のリスト」(血液製剤(フィブリノゲン)によるC型肝炎感染者のリスト)が、厚労省の倉庫に不当に放置されていました。

■本来、C型肝炎感染者の情報を把握していたのならば何よりも先に本人に知らせなければならなかったはず。
なのに、厚労省のお役人さんたちは、見て見ぬふり
これは薬害エイズ事件のときとほとんど同じ構造ですね。

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-10-27 02:18 | 社会の時間
<寝屋川教職員殺傷>1審破棄し少年に懲役15年 - 少年への適切な処遇を期待したい
a0029616_026444.jpg

Excite エキサイト : 社会ニュース
<寝屋川教職員殺傷>少年に懲役15年 1審破棄し量刑増
 大阪府寝屋川市立中央小学校で05年2月、教職員3人が殺傷された事件で、殺人などの罪に問われた当時17歳の卒業生の少年(19)に対する控訴審判決が25日、大阪高裁であった。古川博裁判長は、懲役12年(求刑・無期懲役)を言い渡した1審・大阪地裁判決を破棄し、懲役15年を言い渡した。広汎性発達障害と診断された少年の処遇や量刑が争点だったが、古川裁判長は1審同様、刑事罰を選択。結果の重大性などから、1審よりさらに重い量刑とした。

 古川裁判長は、1審判決が、障害が犯行に与えた影響を認めながら、少年法の規定に基づき有期刑(10年以上15年以下)を選択した点について「合理性があった」と指摘。そのうえで「有期刑を選択した時点で、被告に有利な事情を考慮したとみなすことができ、上限の懲役15年を科すべきだ」と述べた。判決言い渡し後に「どうして事件を起こしたか、どう償うのかを関係者の力を借りて考えることを強く望む」と少年に語りかけた。

 裁判では、少年の障害と責任能力の関連も争点になった。古川裁判長は「犯行直前まで合理的な行動をしており、行動抑制能力が著しく減退した状態でなかった」と認定。「責任能力は個々の言動で判断すべきで、障害を有するだけで責任能力が減退しているとは言えない」と判断した。

 控訴審で弁護側は「更生には障害に焦点をあてた矯正教育が必要で保護処分(少年院送致)が相当」として、少年法55条に基づく家裁移送の決定を求めていた。この点について判決は、広汎性発達障害に関する少年刑務所と少年院の処遇に差があるとしつつも、「刑務所の処遇能力に根本的な不備があるとは言えない」と判断し、少年刑務所での処罰が妥当とした。 判決などによると、少年は同小在学中、同級生からいじめられていると感じ、担任教諭に否定的な感情を抱いていた。その後、引きこもり生活の中で加害空想を抱くようにもなり、担任教諭らを刺そうと計画。05年2月14日午後3時ごろ、同小に包丁2本を持って侵入。担任が不在だったため、鴨崎満明教諭(当時52歳)を刺殺、女性教職員2人を刺して重傷を負わせた。【遠藤孝康、川辺康広】

広汎性発達障害という障害を持つ者に対しては、早期の段階における診断・ケア・教育が必要であると言われています。
というのも、この障害の特徴として他者との臨機応変なコミュニケーションが取りにくいというものがあり、それゆえ周囲の誤解や不適応がもとで被害意識を抱き、精神的に追い詰められるということがままあるからです。

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-10-26 00:36 | 犯罪・刑罰・裁判
小学生でもわかる!テロ対策特別措置法(テロ特措法)問題 - その2
a0029616_0471039.jpg

前回の続きです。

a0029616_1182456.jpgじゃあ、なにかい?
おまえは国際貢献をしなくてもいいって言うのか?
国連決議1368(注1)を読んだことがないのか!


a0029616_12363716.gifいやいや、落ち着いてください、お父さん。

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-10-12 00:43 | 国際社会を生き抜く
しばらく沢尻エリカが出演する作品を観る気がしないなぁ
a0029616_235025.jpg
たむけん暴露!不機嫌沢尻in大阪 デイリースポーツ
沢尻エリカは大阪でもバリバリの不機嫌モードだった-。ふんどし姿の獅子舞ネタでおなじみのお笑い芸人・たむらけんじ(34)が初司会を務める新番組「GA-tuuun!(ガツン!)」(テレビ大阪、日曜前11・30)がスタートした7日、会見でこんな仰天エピソードを暴露した。
9月に映画のキャンペーンで来阪した沢尻。たむけんによると、“準キー局”大阪のテレビ局のインタビューを受けた後「だから田舎のアナウンサーは嫌いなの!!」と吐き捨てていたという。そのヤリ玉に挙がったのが「ABCの喜多(ゆかり)アナ」らしく「震え上がってましたからね~」と女子アナの“恐怖体験”を暴露。さらに「友近も怒ってましたよ」と“爆弾”を連続投下。「謝っても、(女王様キャラを)貫いてもアカン。刑務所行きや!!」とまで言い切っていたことまで暴露した。
実は関西ではもう1人の女子アナKも、インタビュー中に沢尻が不機嫌になり、プイッと1時間いなくなってしまい、Kが泣きだしてしまった“事件”もあった。
新番組では有名人に自ら出演交渉するコーナーがあり、たむけんは「エリカ様。会いに行くなら、今ですよ」と恐る恐る対面を希望していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071007-00000023-dal-ent

■芸能人ってのは「カブいてナンボ!」のところがあって、一芸に秀でているならばたとえある程度人格が破たんしていても「まあええかな」と思うんですよ。
そもそも芸能人に「社会の範たれ!」と要求することは間違いです。
ジャニーズのガキがたばこ吸ってても別にどうでもいい(吸ってもよいと言ってるのではない)。

■常人に考えの及ばない創造的な仕事ができる人間ってのは、たいていは世間の常識が通じる世界から離れたところで生きているもんです。
常識から外れているからこそ、ええ仕事ができるってもんですよ。

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-10-09 02:04 | 芸能レポート