<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
最高裁「精神鑑定を尊重しろ!」 - 被告人の責任能力
a0029616_1594113.jpg
東京・北区の傷害致死:最高裁「精神鑑定、尊重を」 被告の責任能力で初判断
 ◇統合失調症被告
 統合失調症の被告の責任能力が争われた事件の上告審判決で、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は25日、「精神医学者の鑑定は、公正さに疑いがあったり前提条件に問題があるなどの事情がない限り、十分に尊重すべきだ」との初判断を示した。そのうえで心神喪失と判断した精神鑑定を採用せずに被告を有罪とした2審・東京高裁判決を破棄し、審理を差し戻した。

 判例では、無罪となる心神喪失や刑が減軽される心神耗弱に当たるかどうかは、精神鑑定のほかに生活状態や動機なども総合的に考慮して裁判所が判断。今回の判決は、判例を踏まえつつ、責任能力の判断にあたって精神鑑定結果を重視するよう求めたものだ。市民が参加する裁判員制度を見据え、裁判員が短期間で判断しやすい基準を示したといえる。

 この事件は、03年に東京都北区で元雇い主の男性を殴って死なせたとして塗装工(39)が傷害致死罪で起訴された。1、2審で計2回実施された精神鑑定はともに心神喪失と結論。1審は鑑定に基づき無罪としたが、2審は「犯行態様に異常はなく、当時の状況も詳細に記憶している」と鑑定結果を採用せず懲役3年を言い渡した。小法廷は「鑑定の信用性は高く、2審が挙げた事情では責任能力があったとはいえない」と指摘した。【北村和巳】
毎日新聞 2008年4月26日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/jiken/archive/news/2008/04/26/20080426ddm041040041000c.html

■いや~これは重要判例ですね。
かつて最高裁は

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-04-27 01:47 | 犯罪・刑罰・裁判
【イラク活動違憲】僕は名古屋高裁の勇気ある判断に敬意を表したい
a0029616_135332.jpg

Excite エキサイト : 社会ニュース
<イラク自衛隊>多国籍軍空輸は違憲 名古屋高裁が初の判断
 イラクへの自衛隊派遣は違憲だとして、市民団体などが国に派遣差し止めなどを求めた訴訟の控訴審判決が17日、名古屋高裁であった。青山邦夫裁判長(高田健一裁判長代読)は原告の請求を却下するなどした1審・名古屋地裁判決を支持し、控訴を棄却したが、「航空自衛隊による多国籍軍の空輸活動は憲法9条に違反している」との判断を示した。
 全国で行われている同種の訴訟で空自の活動の一部を違憲と認定したのは初めて。原告団は「控訴は棄却されたが、違憲の司法判断が示された」として上告しない方針で、勝訴した国は上告できないため判決が確定する。

■これは画期的な判断ですね。
すばらしい。
勇気ある判断だと思います。

■僕は、拙ブログにおきまして何度も書きましたとおり、イラクにおける自衛隊の活動は憲法に違反していないという考えです(注1)
ですので、、「航空自衛隊による多国籍軍の空輸活動は憲法9条に違反している」との判断には賛成できません。

■しかし、この名古屋高裁の姿勢には、僕は敬意を表したいと考えます。
というのも、あまりに今の裁判所は、憲法違反の判断に対して消極的すぎるからです。
政府の行為をあまりに尊重しすぎている。

■確かに、日本においては付随的審査制を採用していると憲法解釈上考えられています。
付随的審査制とは、具体的に起きた当事者間の争いを前提として、それを解決するのに必要な範囲で憲法に適合しているかどうか審査するという制度のことです。

■この制度のもとでは、今回のように原告の権利に侵害がないとの認定をされたケースにおいては、自衛隊の活動が憲法9条に反しているかどうかを判断してはいけません。
つまり、付随的審査制の考え方を徹底すれば、この「憲法9条に反している」との傍論は蛇足だということです。

■しかし裁判所の役割は、単に個人の権利を守るという点にあるだけではないはずです。
統治権力が憲法に違反する行為をしている場合には憲法違反の状態を是正を図るという役割をも有していると考えるべきです。
なぜなら、憲法がきちんと守れてはじめて私たち国民は幸せに暮らすことができるからです。

■日本人は過去において自分たちの手で憲法を作ったという経験がありません。
主権者とは名ばかりで、日本人は憲法制定行為をしたことがない。
ですので、日本人にとって憲法は「お上によって下げ渡されるもの」との感覚があると思います。
したがって、日本人は、統治権力による憲法違反行為に対してとても鈍感です。

■ですので、付随的審査制のもとにおいても、統治権力の行為が憲法に違反していると裁判所が考えれば、それがたとえ事件の解決に必ずしも必要ではなくても一定の場合は、傍論において憲法違反であるとの意見を裁判所は表明するべきではないでしょうか。

■もちろんその傍論における判断には法的拘束力はないわけですので、統治権力がそれに従う必要はありません。
しかし、一定の重みとなって政府に緊張感を与えることにはなると思います。
主権者である国民に対するアピールにもなります。

■裁判所は、批判に臆せずこれからもどんどんと傍論において違憲判断をしていただきたいと思います。
そして憲法を守っていただきたい。
僕は本来は憲法改正論者でありますが、統治権力が憲法をないがしろにしている状態での憲法改正は危険であると考えます。
がんばれ、裁判所!

(注1)といっても、拙ブログにおいて何度も書きましたとおり、イラクに対するアメリカ軍の武力行使は従来からの国際法に違反するものであると考えますし、武力行使一辺倒といってよいアメリカのやり方では「暴力の連鎖」を生むだけで何の解決にもならないと考えています。

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-04-20 01:42 | 日本国憲法を考えよう
伊丹の名物 中満の酒まんじゅう(酒の露)を食べたよ
a0029616_202939.jpg
伊丹の名物である「中満」の酒まんじゅうをいただきました。
a0029616_204236.jpg
ふむふむ。読むのめんどくさいから読まんとこ。
a0029616_205153.jpg
うまそう
a0029616_21144.jpg
あーうまそう
a0029616_211191.jpg
お酒のいい香りがするわ。
a0029616_211990.jpg
しっとりとした皮と上品な甘さのあんこがマッチしています。さすが伊丹の名物だけあるわ。
十三の喜八洲の酒まんじゅうより、こっちのほうが好きやな。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-04-15 02:08 | うまいもん探訪記
【チベット問題】次々と抗議の声を上げる日本の仏教者
a0029616_312250.jpg

前回、拙ブログにおきまして、書写山 圓教寺のお坊さんがお二人、テレビ番組に出演され、チベット仏教を弾圧する中国政府に対して抗議の声を上げられたことをご紹介いたしました。
この件に関し私は、
お二人に続くお坊さんが次々と出現し、日本の仏教が単なる「葬式仏教」ではないことを示していただきたいと思います。
などと、えらそうなことを書いたわけでありますが、今日、このような記事を発見しました。

チベット沈静化願い僧侶行進 '08/3/27
中国チベット自治区ラサでの大規模暴動の沈静化を願って、広島県内の仏教徒らが26日、広島市中区の原爆ドーム周辺を発着点に平和行進した。
行進を呼び掛けたのは、浄土真宗僧侶らでつくる「非暴力・仏教徒の会」。約100人が「殺すな、殺させるな」と書いた横断幕とプラカードを掲げて約1時間、原爆ドームから八丁堀までの往復約2キロを歩いた。行進に先立ち、中区大手町の西向寺で「チベットの現状」と題した講演会も開き、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が2006年に広島を訪問した際の通訳で、広島修道大非常勤講師の野村正次郎さん(37)が大規模暴動をめぐる背景を解説した。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200803270056.html


この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-04-11 03:02 | 社会の時間
【チベット問題】お二人のお坊さんが勇気ある行動に出る
■先日、関西テレビ「ぶったま」という番組に、書写山 圓教寺しょしゃざん えんぎょうじのお坊さんがお二人出演され、チベットの問題について語られました。
お二人の勇気ある行動に拍手を送りたいです。
お二人に続くお坊さんが次々と出現し、日本の仏教が単なる「葬式仏教」ではないことを示していただきたいと思います。

■今、チベット仏教が中国政府によって弾圧され、多くのチベット人が虐殺されています。
チベットは消滅の危機にあります。
日本の仏教界は、この動きに対して抗議の声をあげるべきではないでしょうか。

■お二人のお坊さんは、この番組の中で文章を読み上げられました。
その文章を掲載させていただきます。

今、私たち日本の仏教者の真価が問われています。
チベットでの、中国の武力行動によって、宗教の自由が失われることに、心から、悲しみと止むに止まれぬ抗議を表明せずにはいられません。
私たちはあくまでも宗教者、仏教者として、僧侶をはじめとするチベット人の苦しみを、もはや黙って見過ごすことができません。
チベット仏教の宗教的伝統を、チベット人の自由な意思で守るということが、大切な基本です。

皆さんは、日本の全国のお坊さんがどうしているのかとお思いでしょう。
日本の各宗派、教団は日中国交回復のあと、中国各地でご縁のある寺院の復興に力を注いできました。
私も、中国の寺院の復興に携わりました。
しかし中国の寺院との交流は全て北京を通さずにはできません。
ほとんど自由はなかった。
これからもそうだと、全国のほとんどの僧侶は知っています。
そして日本の仏教教団が、ダライ・ラマ法王と交流することを、北京は不快に思うこともよく知られています。
あくまでも宗教の自由の問題こそ重大であると、私は考えています。
しかしチベットの事件以来、3週間以上が過ぎてなお、日本の仏教界に目立った行動は見られません。
中国仏教界が大切な友人であるなら、どうして何も言わない、しないで良いのでしょうか。
ダライ・ラマ法王を中心に仏教国としての歴史を重ねてきたチベットが、今、無くなろうとしています。
私たちは宗教者、仏教者として、草の根から声を挙げていかなければなりません。
しかし私の所属する宗派が、中国の仏教界関係者から抗議を受けて、私はお叱りを受ける可能性が高いでしょう。

このように申し上げるのは、私たちと行動を共にしましょう、ということではないのです。
それぞれのご住職、檀信徒の皆さんが、これをきっかけに自ら考えていただきたいのです。
オリンピックにあわせて、中国の交流のある寺院に参拝予定の僧侶もいらっしゃるでしょう。
この情勢の中、中国でどんなお話をされるんでしょう。
もしも宗教者として毅然とした態度でのぞめないならば、私たちはこれから、信者さん、檀家さんにどのようなことを説いていけるのでしょうか。
私たちにとってこれが宗教者、仏教者であるための最後の機会かもしれません。
書写山圓教寺 執事長 大樹玄承

天台宗のトップ、チベット問題を涙ながらに語る。(YouTube動画)
Japanese Buddhist protests the suppression in Tibet (YouTube動画)

【その他、関連動画】
中国から私のHPを見ることができない異常!(YouTube動画)

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-04-08 01:40
映画「靖国」騒動 - 右翼団体から日本を守れ!映画館関係者よ、毅然とした態度をとれ!
a0029616_3402693.jpg

Excite エキサイト : 社会ニュース
映画「靖国」配給元が4月の封切りを中止  J-CASTニュース
李纓(リー・イン)監督によるドキュメンタリー映画「靖国」の配給元、ナインエンタテインメントとアルゴ・ピクチャーズは2008年3月31日、4月12日に予定していた映画の上映を中止すると発表した。配給元によると、映画が反日的であるとする上映予定館への嫌がらせやトラブルを警戒したためという。すでに新宿バルト9が中止を決めていた。今回はそれに続くもので、銀座シネパトス、渋谷Q-AXcinema、シネマート六本木、シネマート心斎橋の4館。同作は、香港国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞しており、配給元は、「このような事態に陥ったことを大変遺憾に思いますし、日本社会における言論の自由、表現の自由への危機を感じております」とコメントしている。

■僕な、思うねんけどな、別に稲田朋美は悪くないと思うねん。
いや、ちゃうでちゃうで、僕が熟女好きだからとちゃうで。
って、別に熟女好きとちゃうわ!
ロリコンじゃ、ボケ!

「靖国 YASUKUNI」って映画をめぐって、騒動が起きてるやんか。
その発端ってのはな、自民党の稲田朋美が「こんな映画に助成金を交付すんなや」って怒って、公開前に国会議員向けの試写を要求したことにあるそうやねん。
一部に、この稲田の行為を「表現行為に対する圧力だ!」とか言って批判している奴がいる。
そうかなぁ?

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-04-05 03:49 | 社会の時間
マスゴミの報道を鵜呑みにしたらアカン - 日銀総裁人事と暫定税率
a0029616_232728.jpg

「マスゴミ」という言葉があります。
インターネット上の百科事典「ウィキペディア」によれば、「マスメディアを批判的に扱う際に使用する蔑称」のようです。
裏を取らずに官庁や企業・団体の発表を鵜呑みにし報道することや排他的な記者クラブを構成していること、・・・(省略)・・・等から、ジャーナリズムを捨てており、マスコミと呼ぶにふさわしくないとみなす傾向から生まれた言葉といえる。
らしいです。

■最近の報道を見ていると、この「マスゴミ」という言葉がぴったりと当てはまる論調が溢れかえっていますね。
日銀総裁人事についての報道。
暫定税率期限切れについての報道。
マスゴミは財務省あたりからの情報を鵜呑みにして、その言い分を垂れ流しています。

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-04-03 02:15 | 政治・経済に一言
暫定税率期限切れ - 「暫定」なんだからそりゃ当然でしょう
a0029616_413060.jpg

Excite エキサイト : 政治ニュース
<租税特別措置>つなぎ法案可決 暫定税率は失効
揮発油(ガソリン)税などの暫定税率を維持する租税特別措置法改正案は31日、参院で審議が行われないまま07年度末の期限切れを迎えた。道路特定財源に関する項目を除いた主な税の優遇措置を5月末まで延長する「つなぎ法案」は同日、衆参両院本会議で与党と民主党などの賛成多数でそれぞれ可決され、成立したが、揮発油税▽地方道路税▽軽油引取税▽自動車取得税の4税の暫定税率は同日で失効。ガソリンにかかる税は4月1日以降1リットル当たり25.1円下がり、価格も値下がりすることが確定した。

■4月1日午前0時。
揮発油税等の暫定税率が期限切れのため失効しました。
大変に結構なことだと思います。
あたりを見回すと「ぐわー!!延長しないと国や地方の財源が不足しちゃうじゃないか!!」なんて、ほざいている人がいます。

■しかしそもそも「暫定」である以上、いつの日か期限切れになることは当り前の話です。
暫定税率は「暫定」とか言いながら34年も続いてきました。
34年前、暫定税率が設けられたころに生まれた子どもは、今やおっさんになっています。
加齢臭漂う薄汚いおっさんになっています。

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-04-01 03:46 | 政治・経済に一言