<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
麻生太郎総理へのお手紙を書きました - ちゃんとフリガナを付けたよ
a0029616_1153797.jpg

■麻生太郎総理もご存じのとおり、今、日本はアメリカ発の未曽有(みぞう)の金融危機の影響で実体経済が冷え込みを見せています。
麻生太郎総理は、「政局よりも政策」と何やらの一つ覚えのように繰り返し繰り返し仰っていました。

■ところが一部マスコミでは、「第2次補正予算案を先送りする」なんて報道がされています。
これは本当なのでしょうか?
国会を延長せずに2次補正を先送りにするとなると、総理がしきりに「作ってはいけない」と仰っていた「政治空白」が作られてしまいます。
日本経済は危機的状況ではなかったのでしょうか?

■パフォーマンスを頻繁(ひんぱん)にしている暇があったら、早く「政局より政策」を実行してください。
およそ選挙対策としか思えない定額給付金の支給を実施しようとしておられることからすると、「政局よりも政策」という言葉はかなりあやしいわけですが・・・
他の経済対策にしても旧来型の自民党利権政治を踏襲(とうしゅう)されているように思えますし・・・

■麻生太郎総理、あなたは内閣総理大臣です。
日本国民に対して重大な結果責任を負っています。
あっちへふらふら、こっちへふらふらとしていないで、強いリーダーシップを発揮して下さい。
お願い致します。
P.S.漢字ドリルを一緒に送ります。

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-11-15 01:16 | 政治・経済に一言
僕は橋下知事の教育改革を断固として支持します!府教委はいちいち文句を言うな!
a0029616_3163890.jpg
橋下知事、学習塾との連携や若い民間人校長採用に意欲(asahi.com)

 大阪府の橋下徹知事は8日、公立学校と学習塾の連携や若い民間人校長の採用に前向きな考えを報道陣に示し、「事務局に働きかけて来年度には実施したい」と話した。ただ、府教委事務局は慎重な姿勢だという。
 橋下知事によると、府教委特別顧問の前東京都杉並区立和田中学校長、藤原和博氏のもとに、同中の有料授業「夜スペシャル」に講師を派遣している進学塾「サピックス」などから、大阪での協力の申し出がきている。藤原氏は連携に前向きだが、府教委事務局は慎重で、話が進んでいないという。また、藤原氏は30代の民間人校長の採用も働きかけているが、府教委は拒否感を示しているという。
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200811080060.html

■学校の中にはいろんな子供がいます。
「できる子」と「普通ぐらいの子」と「できない子」。
いやいや、そんな単純なものではない。

■「できない子」と言っても、「できない」理由は多種多様
「できない」程度にもいろいろあります。
「できる子」も同じ。
いろいろある。

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-11-09 03:11 | 社会の時間
【小室哲哉容疑者】事件の真相を解くカギとは・・・
小室哲哉容疑者の逮捕は衝撃的でした。
僕も昔は小室哲哉容疑者の作った曲を何度もカラオケボックスで熱唱しました。
浜ちゃんが歌った「WOW WAR TONIGHT」や、朋ちゃんが歌った「I'm proud」などです。

■ではなぜ小室哲哉容疑者は、バレバレの詐欺事件をわざわざやる必要があったのか。
なぜ否認をせずにあっさりと詐欺行為を認めてしまったのか

■その謎を解くカギは、もしかしたらこのYouTubeの動画の中にあるかもしれません。
ないかもしれませんけど。

パート1


パート2


【追記】
東京新聞の記事です(下線は管理人)。
 小室容疑者 年60%“借金”で切迫 仕手戦舞台の会社融資

 著作権譲渡をめぐる五億円の詐欺容疑で大阪地検特捜部に逮捕された音楽プロデューサー小室哲哉容疑者(49)が、かつて仕手戦の舞台となった投資・建設事業持ち株会社から“高利融資”を受け、五カ月後に詐欺事件を起こしていたことが四日、分かった。五億円のうち約三億四千万円はこの融資の返済に充てられていた。

 共犯とされる会社役員木村隆容疑者(56)は共同通信の取材に「月利5%という持ち株会社からの借金を返すために著作権の譲渡先を探していた」と説明。特捜部は単利でも年60%に上る実質的な「借入金」の返済に切迫した小室容疑者が主導したとみて調べる。

 また、被害者の兵庫県の投資家との交渉過程で「これでも名の知れた男。逃げも隠れもしない」と説得し、自ら作った曲を「世界で一つの曲」とCDにしてプレゼントしていたことも判明した。

 関係者によると、小室容疑者が“融資”を受けたのはA・Cホールディングス(東京、旧南野建設)。旧南野建設は、「最後の大物仕手筋」と言われた西田晴夫被告(58)=金融商品取引法違反罪で公判中=らが二〇〇七年に逮捕された株価操縦事件の舞台となった。

 小室容疑者は〇六年三月、プロダクション「トライバルキックス」(東京)代表取締役平根昭彦容疑者(45)を通じ、A・C社から著作権を担保に三億円を受領。約五カ月後の八月七日、投資家と著作権を十億円で譲渡する仮契約を締結。五億円を先に支払わせた、とされる。

 約三億四千万円が返済に使われたほか、一億五千万円も、小室容疑者が滞納した家賃や消費者金融からの借り入れを肩代わりした木村容疑者に支払われたという。

 A・Cホールディングスは「当時の担当が分からず、答えようがない」としている。

 一方、支払いをめぐる投資家との訴訟は、小室容疑者が六億円を支払うことで和解したが、六百万円しか支払われなかったという。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008110502000089.html


この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-11-09 02:04 | 犯罪・刑罰・裁判
真弓阪神の補強ポイントはこれだぜ! - これで優勝確実!?
a0029616_1124655.jpg

阪神補強戦略修正へ、FA残るは三浦(日刊スポーツ)

■来シーズンに向けての阪神タイガースの補強のポイント。
それは、バッテリーと言われています。
捕手と投手です。

■捕手については、今シーズンは、先発投手によって矢野輝弘選手野口寿浩選手という二人の捕手を使い分けるという起用をしました。
岩田稔投手や上園啓史投手などについては野口、それ以外については矢野、という具合に。

この続きも読んでね(ここをクリック)
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-11-05 01:19 | 我が阪神タイガースを語る
阪神タイガースのドラ1は奈良産大の蕭一傑投手
阪神タイガース一巡目指名・蕭一傑(しょういっけつ)投手の動画


Excite エキサイト : スポーツニュース

■全く予想外の選手が阪神タイガースの一巡目指名となりました。
奈良産大の蕭一傑投手です。
まあ、これは球団社長のくじ運のなさが招いた結果なのですが・・・

■ただ、例えば巨人の坂本選手は堂上選手の外れ一位の選手ですけど、堂上選手よりも先に一軍で活躍しました。
ですので、「結果としてこれで良かった」なんてことになるのかもしれません。
人間万事塞翁が馬。

■ああでも、松本啓二朗選手を逃したのは残念だな~
肩は強いし、足も速い。
打撃センスも絶品。
ああ、残念。

■蕭一傑投手の投げているところを見ました。
球が重そうですね。
大魔神・佐々木投手みたいに「ズドーン!」とくる感じ。

■阪神は、右投げの有望若手投手がそこそこ多いです。
競争を勝ち抜くのは大変だと思いますが、頑張ってほしいものです。
台湾のご両親のためにも頑張れ!

【追記】
YouTubeの動画を見ると、直球に伸びがあることがわかりますね。
「伸び」とは、初速と終速の差が少ないことを指します。
うまく鍛えれば、藤川球児投手並みの「火の玉ストレート」を投げることができるようになるかもしれませんね。
これは期待できそうです。

わかりやすい!「衆院選・対立軸マップ」

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-11-01 00:51 | 我が阪神タイガースを語る