<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
日本は伝統的に夫婦別姓だった!?
a0029616_1163313.jpg

政府は、選択式夫婦別姓(夫婦別姓を選択できる制度。もちろん今まで同様に夫婦同姓を選択することもできる)の導入を固めたようです。
この問題の賛否を考える上で、押さえておかなければならない基本的な知識があります。
社会学者の小室直樹さんがわかりやすく説明されているのでご紹介します。
 日本に婚姻という制度ができたのは明治時代のことである。以前に夫婦別姓が国会内外で議論となったが、そんなことも知らない人が、夫婦同姓がよいだとか悪いだとかいうのがナンセンスなのだ。明治23年以前は夫婦別姓であった。別姓であるのが当然だったのだ。
 注意深く歴史を見ればすぐわかる。源頼朝の正式の妻は北条政子であって、源政子ではない。夫婦同姓であれば当然源政子になるはずなのに、そうはならない。他にも例はいくらでもある。秀吉の妻の北政所を豊臣ねねともいわなければ、徳川家に嫁いだ皇女和宮を、徳川親子ともいわないのである。
 ところがヨーロッパと違う点は、大多数の日本人には姓がなかった。だから、最高の皇室には姓がない。皇室はいまだになく、一般庶民にはかつてなかった。姓があるのは中間の階級だけだった。だから姓なんて、なんとつけてもいいし、自分勝手につけてよい。秀吉などは、最初は単なる日吉丸、日吉丸から木下藤吉郎になって、羽柴秀吉から豊臣秀吉になった。このような姓にこだわらないことからも、今日的価値でいう婚姻という制度がなかったことが窺われよう。
小室直樹著『日本人のための宗教原論』

【ポイント】
・日本に婚姻制度ができたのは、明治時代のことである。
・明治23年以前は夫婦別姓だった。
・そもそも大多数の日本人には姓がなかった。
皇室には今も姓がない。
・日本人はもともと姓にこだわらない。

「夫婦別姓にすることは日本の伝統に反する」みたいなことを仰っている人がいます。
これは歴史的事実を知らない、間違った主張だと言えます。
日本の伝統はむしろ夫婦別姓なのです(っていうかそもそも姓なんてなかったわけですが)。
夫婦別姓に反対するにせよ賛成するにせよ、その前提として正確な事実を知る必要があります。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-09-29 01:23 | 社会の時間
【鳩山政権】少しずつ記者会見の開放に向かって進んでいるのかな?
a0029616_0295290.jpg

日、岡田克也外務大臣の英断により外務省の記者会見が開放されることが明らかになりましたが(注1)、今度は法務省の記者会見が開放に向かって動き出すようです(注2)

者クラブメディア(密室談合利権メディア)による「新聞、テレビなどのメディアを敵に回すと政権が長く持ちませんよ」(注3)という陰湿な脅しに屈する形で記者会見の開放は実現しなかったわけですが、どうやら少しずつ開放に向かっているようです。

室談合の自民党政治を終わらせるために国民は政権交代を選択したという事実。
そのことを民主党、特に平野博文官房長官は理解する必要があると思います。

(注1)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090919k0000m010081000c.html
(注2)
http://d.hatena.ne.jp/NakamuraTetsuji/20090918
(注3)
http://www.the-journal.jp/contents/yamaguchi/2009/09/post_90.html

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-09-21 00:32 | 政治・経済に一言
民主党が記者クラブ開放公約を反故に?!(ダイジェスト) ― YouTube動画


まず最初は2009年3月24日に行われた小沢一郎代表(当時)の会見。
記者会見を開放することを明言。

次は2009年5月16日に行われた鳩山由紀夫代表の会見。
記者会見を開放することを明言。

次は2009年7月27日に行われた鳩山由紀夫代表の会見。
改めて記者会見を開放することを明言。

ところが・・・
朝日ニュースター「ニュースの深層」
9/15(火)ジャーナリズムの新たな幕開けか!?~鳩山政権と記者クラブ
ゲスト:神保 哲生 (ビデオジャーナリスト)
司 会:上杉 隆 (ジャーナリスト)

上杉隆 「総理官邸の記者会見の様相が明日から変わるんじゃないかという期待を持ちながら今日を迎えたんですが、実はどうも雲行きが怪しくなってしまったという・・・」
神保哲生 「前夜祭のつもりでいたらば、お葬式みたいになっちゃいそうな感じですね。今のところはね。」

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-09-16 14:42 | 政治・経済に一言
鳩山政権 記者会見を開放せず - 民主党は自民党と同じだったのか
なぜ記者会見がオープンでなければならないのか(ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ)
http://www.jimbo.tv/commentary/000573.php

ビデオジャーナリストの神保哲生さんのブログによれば、今日発足する鳩山政権は、従来どおり記者会見をオープンにしないようです。
今までの密室談合の自民党政権と同じように、記者クラブメディアのみに特権的地位を与えて、政治権力とメディアとの癒着関係を維持するようです。
今年の5月16日、鳩山由紀夫代表は記者会見をオープンにすると約束しました。
しかしその約束はあっけなく反故にされました。
今からでも遅くはありません。
記者会見をオープンにし、記者クラブ制を廃止するべきです。

鳩山総理よ、記者会見を開放せよ!
約束を守れ!


人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-09-16 02:31 | 政治・経済に一言
自民党再生のための3つのシナリオ
a0029616_1425760.jpg

 では、歴史的な大敗を喫した自民党が再生するためには、何が必要であろうか。今後の自民党には大きく三つのシナリオがある。
 第一は、右派的ナショナリズムの純化路線である。選挙戦中に自民党自身が行った民主党に対するネガティブキャンペーンの延長といってもよい。第二は、穏健保守への回帰という路線である。憲法改正を急がない。経済的な調和を図る。こういった穏健路線はかつての自民党の主流であったが、この十年ほどは捨て去られた。第三は、小泉改革を推進した人々が主導権を取って、改革路線で再起を図るというものである。しかし、小泉という盟主がいなくなった自民党でこの路線が主流になることは難しいであろう。
 民主党との対決を選ぶなら、第一のシナリオとなる。民主党の政策路線をある程度は共有しつつ、程度の違いを競うということになれば、第二のシナリオである。どの道を取るかは自民党自身が決めることである。ただ、私自身の感想を言わせてもらうなら、かつて日本の統治に責任を持った自民党が、勢力を縮小して、自己陶酔的な右派ナショナリズムの政党になることは、実に痛々しい。

海道新聞9月4日夕刊に掲載された政治学者の山口二郎さんの論考の一部です。
山口さんは、自民党再生のために考えうる三つのシナリオを挙げておられます。

一のシナリオは、右派系ナショナリズム純化路線です。
この路線はあえて言えば安倍晋三さんのおじいちゃんの岸信介の系譜と言えますね。
第二のシナリオは、穏健保守路線です。
自民党・保守本流の路線ですね。
麻生太郎さんのおじいちゃんの吉田茂の系譜だと言えると思います。
第三シナリオは、構造改革路線です。
竹中=小泉改革路線ですね。
新自由主義と言われる路線です。

一の路線で行くならば、安倍さん平沼赳夫さん(復党させる)を総裁にするべきでしょうね。
ただし、この路線だと、イデオロギーについていけない人が続々と自民党を離党するおそれがあります。
となると、最終的には、自民党は社民党みたいな政党になってしまうかも。
社民党は、イデオロギーを信奉する少数の人の支持で成り立っている政党です。
この路線でいくならば、自民党は、(政治学者の櫻田淳さんの言葉を借りれば)「右の社民党」になってしまいかねません。

二の路線で行くならば、谷垣禎一さん石破茂さんを総裁にするべきでしょうね。
3つのシナリオの中で最も実現可能性が高いのはこの路線ですね。
民主党と並ぶ二大政党の一角として自民党が多くの国民の支持を獲得するためには、この保守本流路線でいくしかないと思います。
報道によると、谷垣さんが次期総裁として有力だそうですね。
森喜朗さんと古賀誠さんが谷垣さんを支持しているので、ほぼ谷垣総裁で決まりでしょう。

三の路線で行くならば、中川秀直さん小池百合子さんでしょうね。
ただ、今回の選挙での民主党の大勝利は、小泉改革に対する反動という側面もあると思います。
ですので、この路線の選択はかなり難しいのではないでしょうか。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-09-15 01:43 | 政治・経済に一言
理解できない真弓采配 - なぜ福原なのか
a0029616_0545160.jpg

Excite エキサイト : スポーツニュース

原が先発と聞いたとき、僕は「真弓監督は今日の試合は勝つ気がないんだな」と思った。
案の定、福原はフォアボールを連発して自滅。
ストライクゾーンに置きに行った力のない球を、内川に走者一掃の3点三塁打を浴びてノックアウト。
阪神は横浜に4対2で負けた。
3位浮上のチャンスだったのに。

神の選手は監督の意図とは逆に必死にプレーしていた。
赤星の捨て身のダイブは凄まじかった。
満身創痍の赤星。
怪我の状態を考えたら本当なら飛びこまなくてもよかったのかも知れない。
しかしチームのために赤星は果敢に飛び込んだ。

果として捕球できなかったが、気迫あふれるプレーだった。
赤星選手の怪我の状態が心配である。
今はクライマックスシリーズ進出に向けて一試合一試合が大事な時。
リードオフマンの赤星選手は欠かせない存在である。

れにしてもこの大事な試合に福原を先発させた首脳陣、特に真弓監督には憤りを感じる。
福原は先発としてはもう使えないことはとっくの昔に明らかである。
スピードもキレもコントロールもない。
何故、首脳陣は福原をここまで重用するのか。
まったく理解できない。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-09-13 00:58 | 我が阪神タイガースを語る
田中康夫さんが衆議院選挙を振り返る - あの団体による嫌がらせについて
a0029616_14324160.jpg

田中康夫さんが、衆院選挙の選挙期間中に受けた様々な嫌がらせについて語っています(過酷な選挙戦の影響で声がかすれています)。
興味深い内容です。
政治と宗教との関係についていろいろと考えさせられます。

アクセス特集・田中康夫+小西克哉・8月31日(月)
TBSラジオ、平日夜10時からの「アクセス」。

今週月曜日のアクセス特集は、田中康夫さんによる「田中が言いたい!」です。
今回は、ゲストの国際教養大学客員教授で国際ジャーナリストの小西克哉さんと、
衆議院総選挙で田中さんが当選を果たすまでを振り返り、また民主党政権についても話しました。

http://www.tbsradio.jp/ac/2009/09/post-258.html

僕は最終日の夜(7時50分ごろ)に事務所前で行われた演説を聞きに行きましたが、たしかに田中さんが言ってるように車椅子の方(かなりのお年を召された方)が介助の方と一緒に田中さんの前を通って行きました。
「こんな遅い時間になんでだろ?」と不自然に思ったんですが、やはりそうだったんですか。
まあ、きちんと検証しないと断定的なことは言えませんが。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-09-03 14:19 | 政治・経済に一言
さすが産経新聞は「オンリーワン」の新聞だ
a0029616_2201914.jpg

産経新聞社:「民主党さんの思うとおりにはさせないぜ」 社会部ネット書き込み(毎日新聞)

さすが「年内に部数が100万部を割りこむのでは?」と噂されている新聞だけありますね(注)
記者の中に「運動家」がいるし、産経新聞はまさに「オンリーワン」の新聞です。

アメリカでは、各新聞社は支持政党を明確に打ち出すそうです。
産経新聞もアメリカみたいに支持政党を明言するというのはいかがでしょうか。
もしかしたら部数が東スポ並みにはなるかもしれませんよ。

(注)
1年で30万部も減った産経新聞の「非常事態」(月刊『FACTA』2009年5月号)

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-09-03 02:22 | 政治・経済に一言
自民党よ、しっかり頑張れ!! ― でも生き残ったメンツを見ると、かなり心配。
a0029616_2383387.jpg

ステム重視のリベラル政党
伝統重視の保守政党
この二つの政党が、切磋琢磨してしのぎを削る。
これが日本が目指すべき二大政党制だと思います。

守政党は、伝統を重視します。
でも保守政党が暴走すると、悪い伝統まで重視してしまうということになりかねず、危険です。
そこで、リベラル政党によるチェックが必要になります。

ベラル政党は、システムを重視します。
でもリベラル政党が暴走すると、不完全を免れ得ない人間が考えたシステムを過信することになりかねず、危険です。
そこで、保守政党によるチェックが必要になります。

方の政党が他方の政党の暴走をチェックする必要があるのです。
抑制と均衡のシステムです。
今回、民主党が政権を奪取しました。
長年の自民党政権のもとで作り上げられた「悪い伝統」を一掃するべく、大いに腕を振るってもらいたいと思います。

暴走が心配。
そこで、自民党には歯止めになってもらいたい。
ですので、自民党には新総裁のもとで、しっかりと頑張っていただきたいわけです。
でも、今回の選挙で当選してきた連中を見ると、自民党の将来が心配になってきます。

、福田、町村、伊吹、古賀、細田、二階・・・
本来、落選しなければならなかったはずの古株の政治家がたくさん生き残りました。
一方、将来を担う中堅の政治家がたくさん落選。
自民党復活への道は険しそうです。

【民主党政権を知るにはこの本がおススメ】
『民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?』神保哲生著(amazon)

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-09-02 23:14 | 政治・経済に一言
田中康夫さんが衆院選兵庫8区を制す -「皆さんの期待に応えられるよう真の政治改革に寄与したい」
a0029616_111344.jpg
8月29日(土)午後7時50分ごろ 田中康夫選挙事務所前。
a0029616_112834.jpg
今選挙戦の最後の演説。大拍手が起こる。


田中康夫氏「日本の改国を」 衆院選兵庫8区制す(神戸新聞)

新党日本代表の田中康夫さんが公明党の冬柴鉄三さんとの対決を制して当選しました。
おめでとうございます。
おそらく新党日本は連立政権に入るのでしょう。
長いものには巻かれない「脱しがらみ・脱なれあい」の田中康夫さんだからこそできる仕事が民主党政権においてあると思います。
ぜひとも官僚主導・中央集権の既得権益社会を抜本的に改めるべく、頑張っていただきたいと思います。
そして新党日本が掲げる、「労働集約的産業の拡充」「職業教育訓練の充実」「乳幼児から高齢者までの最低生活保障」を確立してパステルカラーの一億総中流社会を創り出すという政策の実現を果たしていただきたいと思います。
一方、公明党は長年守ってきた小選挙区での議席を失いました。
理由は明白。
公明党は自民党と一緒になって国土を疲弊させ地域や家族を空洞化させる政治を行ってきたからです。
日本は毎年、3万人もの方が自殺する国になってしまいました。
公明党は今一度原点に立ち返るべきだと思います。
「福祉と平和の党」という原点です。

田中康夫氏、自公協力切り崩す 兵庫8区出口調査(神戸新聞)

こういう調査結果が出ました。
自民党の支持者の30%以上が田中さんに投票したようです。
別の選挙区では公明党支持者はきちんと自民党の候補に投票していたのにね。
結局、公明党は自民党に都合よく利用されたということなんでしょうか。

公明・冬柴氏、政界引退へ(神戸新聞)

いろいろと批判しましたが、冬柴さんは人間的にはとても立派な方だと思います。
国交相時代に「官僚の操り人形」になってしまったのも、あまりに真面目で仕事熱心だったからでしょう。
引退後は弁護士として活動をされるそうです。
弱い立場の人のために頑張ってください。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-09-01 01:32 | 政治・経済に一言