<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
自殺者3万人とデフレ - 自殺者3万人は国家的な危機である
a0029616_2451674.jpg

自殺者12年連続3万人超 12月残し大台に
 今年1~11月の自殺者数の累計が暫定値で3万181人となり、12月の1カ月を残し、12年連続で年間3万人を超えたことが25日、警察庁による集計で分かった。通年で3万2249人が自殺した昨年の同じ期間の自殺者より、445人多い。自殺者は昨年9月のリーマン・ショック直後に急増。今年に入ってからも高い水準で推移していた。
http://www.excite.co.jp/News/society/20091225/Kyodo_OT_CO2009122501000397.html

GDPデフレーター(国内生産物の価格)を見ると、90年代後半からずっとマイナスになっています。
長きに渡るデフレによって、お金持ちの人たちはボーナスを受け続けてきました。
デフレの状態だと、現預金や債券の実質的価値が向上するからです。
そろそろあんまりお金を持ってない人たちに有利な経済環境に舵を切る時期なのではないでしょうか。
つまり緩やかなインフレにすべきだということです。

90年代後半から自殺者数が3万人を超えるようになりました。
それまでは2万人台半ばだったのに、突如として増加したのです。
今年も残念ながら、自殺者数が3万人を越えてしまいました。

フレとなった時期は、90年代後半
自殺者数が3万人台になった時期も、90年代後半
重なります(その因果関係は不明ですが)。

ちろんデフレ脱却だけで自殺の問題がすべて解決できるとまでは思いません。
社会学者の宮台真司さんが『日本の難点』(幻冬舎新書)で指摘しているとおり、「金の切れ目が縁の切れ目」の、今の日本の社会を治す必要があります。
でないと、たとえデフレ脱却を実現したとしても、今後の経済次第で再び自殺者が増加するおそれのある社会が続くことになってしまうからです。

かしデフレからの脱却は、自殺者数減少のための十分条件ではないにせよ、必要条件であるというべきです。
日本銀行は「インフレ率が継続して2%ぐらいになるまで金融政策を継続し資金供給を拡大する」と宣言するべきです。

家の目的は、国民の生命・身体・財産を守り、国民各人の幸福を増進する点にあります。
だとすれば、自殺者の増加を国家的な危機と考え、あらゆる政策を動員してその減少に向けて取り組まなければなりません。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-12-26 01:27 | 社会の時間
日米同盟の危機を煽るマスゴミ。その背後にあるのは・・・
a0029616_2573646.jpg

刊文春2009年12月24日号に
「同盟の危機だって? 米大使館が新聞の普天間報道に呆れ顔」
という記事が載っていました。
簡単に要約すると、「日本のマスコミは誤報を流して日米同盟が危機的状況にあると煽っている。アメリカ大使館はそんなマスコミに呆れている。」という内容です。
詳しくは⇒http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/bn-20091219-02/1.htm

とえば産経新聞は、鳩山首相が普天間移設の年内決着を断念したことについて「米大使一変、激怒」と、ルース駐日大使が顔を真っ赤にして激怒したと報じました。
関係者によると、小人数会合に移った後、米国のルース駐日大使が穏やかな語り口を一変させた。「いつも温厚」(防衛省筋)で知られるルース氏は、岡田克也外相と北沢俊美防衛相を前に顔を真っ赤にして大声を張り上げ、年内決着を先送りにする方針を伝えた日本側に怒りをあらわにした、という。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091205-00000065-san-pol

ころがどっこい。
実際はそんな事実はなかったそうです。
「『米大使一変、激怒』と産経は刺激的に書きましたが、そうした事実はまったくありません。われわれは外交官ですから」(米大使館関係者)
米大使館の話が本当であれば、産経新聞は捏造記事を書いたということになります。

うして産経新聞は(産経だけではありませんが)、こんな捏造記事を書いてまで危機を煽るのだろう?
そう思っていたら、こういう記事を見つけました。
米国務次官補:大使「呼び出し」報道を否定(毎日新聞)
先日、藤崎一郎駐米大使がクリントン長官に呼び出されたという記事が新聞に載りました。
たとえば産経新聞はこのように報じています。
大使呼び出し 噴出した米の怒り 「先送り理解」発言を問題視(産経新聞)

ころがどっこい。
アメリカのクローリー米国務次官補の話によれば、藤崎大使はクリントン長官に呼び出されたわけではないそうです。
実際は、藤崎大使の方からクリントン長官のもとに訪れたそうです。
しかもクリントン長官は、大使の「日本は方針決定に時間を要する」という説明に理解を示したそうです。
あれれ?なんじゃそりゃ!?

そらくルース大使が顔を真っ赤にして激怒したという事実を産経新聞にリークした「関係者」とは外務官僚のことでしょう。
官僚という人たちは、マスコミにリークをしてマスコミに煽り記事を書かせるということを度々行います。

来、マスコミはこういった官僚のリークに対して慎重であるべきです。
嘘かもしれないわけですから。
しかし慎重になるどころか、マスコミは官僚のリークを垂れ流します。
なぜなら、そうしないと懇談の輪に入れてもられなくなるからです。
懇談の輪に入れてもられないと、記者は記事を書けなくなってしまいます。

回、藤崎駐日大使は、わざわざマスコミを呼んでクリントン長官を訪問する姿を取材させたそうです。
クローリー米国務次官補の話がもし本当ならば、藤崎大使は大々的な演出まで行ってマスコミに煽り記事を書かせたことになります。
なぜわざわざそんなことをするのでしょうか。
もしや!?利権か・・・
元防衛次官の守屋武昌が『中央公論1月号』で言っている辺野古沖の埋立ての利権か・・・

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-12-25 02:21 | 政治・経済に一言
「M-1グランプリ2009」の感想
<M―1グランプリ>パンクブーブー優勝
 今年の若手漫才日本一を決める「オートバックスM―1グランプリ2009」の決勝が20日、東京都港区のテレビ朝日であり、「パンクブーブー」が優勝した。
 「パンクブーブー」は佐藤哲夫さん(33)と黒瀬純さん(34)のコンビで01年に結成。初の決勝進出で見事優勝を射止めた。史上最高のエントリー4629組の頂点に立ち、賞金1000万円を獲得した。
http://www.excite.co.jp/News/society/20091220/20091221M40.063.html

はりM-1は初出場のコンビが強いんですかね。
笑い飯は新鮮さが失われないうちに優勝しておくべきでした。
まあ、今回は最終決勝でのネタの選択をミスしたという点もあるかもしれませんけどね。

の「チンポジ」のネタは僕はもう4~5回観たと思います。
最初は「めちゃイケ!」の「笑わず嫌い」のときだったかな?
何度観ても面白いネタですけど、「最終決勝の大事な舞台でこれを持ってくるか」と感じました。

ンクブーブーは2つのネタともレベルが高く、安定感がありましたね。
優勝は順当だと思います。
来年は今年のオードリーみたいに、ひっぱりだこになるのでしょうね。
おめでとうございます。

年はどのコンビも面白くてレベルが高い戦いだったと思います。
僕は点数をつけながら観ていたんですが、途中で止めました。
甲乙つけ難くて差をつけることができません。

位は8位だったけど、南海キャンディーズも面白かったと思います。
解散せずに続けていってほしいです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-12-21 01:23 | M-1、R-1、キングオブコント
鳩山内閣の支持率下落は当然だ - 景気回復を後回しにするな!
a0029616_041203.jpg

内閣支持続落、47%に=不支持3割超す-時事世論調査

事通信社の調査によれば、鳩山内閣の支持率が47%になりましたね。
おそらく他の通信社・新聞社が今後出すであろう支持率も同じような感じになるんじゃないでしょうか(注1)
支持率下落の理由はいろいろあるでしょうけど、最も重大な理由は景気の問題だと思います。

山政権は、対策が遅すぎるんですよ。
2次補正予算を結局、臨時国会に提出できませんでした。
野党に献金問題を追及されないために早めに国会を閉じちゃったからです。
何をしているんでしょうか。

ういや、麻生内閣も去年の暮れに補正予算を提出しませんでしたね。
リーマンショックがあったにもかかわらず。
去年のこの時期、麻生内閣を批判する文章を拙ブログに書いたことが思い出されます。
2代続けて、総理大臣が景気悪化に伴う国民生活の疲弊を理解できていないとは・・・。

デフレが深刻なんです。
だから、おカネを動かして有効需要を喚起しなければならないんですよ。
そして、雇用の場を創出し、経済のパイを拡大再生産の軌道に乗せなきゃいけません。
そうしないと、どえらい「2番底」が訪れて、中小零細企業の倒産、失業率のさらなる悪化・・・なんてことになりかねません。

代の自民党政権が行ってきた、利権にまみれた無駄な公共事業を廃止するのは当然のことです(辺野古移設も利権の臭いがプンプンしますな)。
その意味で、不要なダムなどのハコモノの建設中止は妥当な判断だと思います。
しかし、無駄を削る一方で、財政支出によりヒトとモノ、設備を動かす必要があるんですよ。

しかに国家財政の心配があります。
しかし今は財政の心配よりも、景気を回復させることを優先させるべきです。
景気を回復させれば、企業の業績が回復し、税収が上がる状況をつくりだせます。
そうなれば、財政状況の改善も見込めるのですから。

(注1)毎日新聞の調査でも55%と、前回調査よりも下落していた。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-12-20 00:44 | 政治・経済に一言
日銀総裁が「デフレ容認は誤解」と発言
a0029616_154995.jpg

や~寒いよね。
僕は8月生まれの夏男なんで、寒いのが苦手なんですよ。
なんなら冬は冬眠してたい。
はちみつ食べながら、洞穴で寝てたいんですよ。

れはさておき、新聞を読んでたら、こんな記事が目に入りました。
日銀総裁「デフレ容認は誤解」
 日銀は18日に金融政策決定会合を開き、消費者物価上昇率の「マイナスは許容していない」との異例の声明を発表した。記者会見した白川方明総裁は「日銀がデフレを容認しているという誤解は解いた方がいい」と指摘。デフレ脱却に向けて極めて緩和的な金融政策運営を維持する姿勢を強調した。物価下落が続くうちは利上げなどに踏み切らないことをにじませ、「長めの金利」を押し下げる「広い意味での時間軸的効果」を狙う。

 政策金利は現行の年0.1%前後に全会一致で据え置いた。円高やデフレで日本経済の先行き不透明感が強まっているが、景気の現状認識は「自律的回復力はなお弱いが、持ち直している」との判断を維持した。

 日銀は毎年4月、物価が中長期的に安定していると考える水準を示す「物価安定の理解」を公表している。物価上昇率がこの水準を下回れば、日銀が緩和的な政策運営を進めるとのメッセージが市場に伝わる。(01:58)
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20091219AT2C1801218122009.html

まあまあいいんじゃない」と思って、経済学者の田中秀臣さんのブログを読んでみた。
すると、田中さんも「デフレ脱却を政策目的として「より明確化」したことは評価していいだろう。」とコメントされていました。
ただし「目標」ではなくて「理解」だったことを痛烈に批判されていますが。

日、日銀は、10兆円規模の資金供給という「広い意味での量的緩和策」を打ち出しました。
なんともパンチの乏しい策です。
だって、現在のマネタリーベースは93兆円なんですよ。
10兆円では、10%そこらしか高める効果がないじゃん。

回の「広い意味での時間軸的効果」がどこまでの効果を発揮するのかよくわかりません。
物価が上昇に転じなくても金融引き締めに転じる余地を残しているので何とも微妙なところです。
でもまあ、とりあえずは、中・長期の金利低下を促す効果(時間軸効果)が出ることを期待したいです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-12-19 15:39 | 政治・経済に一言
天皇陛下を政治利用しているのは自民党である - ここまで落ちたか自民党
a0029616_223630.jpg

んだかよくわからない議論がなされている。
天皇陛下と中国の習近平国家副主席とが会見することが、「天皇の政治利用」だというのである。
バカバカしいったらありゃしない。

皇陛下が外国の要人と会見をすること。
これが憲法7条の「国事行為」に該当するかどうかは議論がある。
しかしこんなのどうでもいい。

事行為と考えようが準国事行為と考えようが、はたまた象徴的行為と考えようが公人的行為と考えようが、内閣のコントロールのもとで行われることに争いはないからである。
つまり内閣のコントロールの下、内閣が責任を負う形で会見(儀礼的応接行為)が行われれば、何も問題はないわけである。

『1ヶ月ルール』に反するから問題だ」という人がいる。
はあ?1ヶ月ルール?
そんなもの宮内庁の官僚が定めたルールに過ぎない。

1か月ルールなるものは、ご高齢でご多忙な天皇陛下の負担を軽くするための慣例だという。
しかし「1か月」という期間自体に何ら合理的根拠はないだろう
推察するに、おそらく「1か月」という期間は「前例を踏襲する」という官僚的発想に基づくものであろう。

僚は前例に縛られるという特徴を持つ。
本来、このルールは陛下のご負担を軽減するという目的を達成するための手段に過ぎないはずである。
しかし、いつの日か「1か月の期間を順守すること」が目的化してしまったのであろう。
手段の目的化である。

皇陛下のお体の状態が要人との会見に耐えうる状態であれば、会見をしていただけばいいと思う。
鳩山総理は、杓子定規なルールは採用しないという考えを示している。
宮内庁はそれに従い、臨機応変に対応すればいいわけである。
何ら政治利用の問題は生じない。

しろこの件を問題視し政権批判に利用しようとする側のほうが、天皇の政治利用であるといえよう。
つまり自民党は民主党政権を批判するために天皇陛下の政治利用をしているのである。
ここまで落ちたか、自民党。
自民党の再生を期待する私としては、由々しい事態である。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-12-17 01:50 | 政治・経済に一言
『今おもしろい落語家ベスト50』(文春ムック)はタイトルに偽りありじゃないのか!?
a0029616_15572581.jpg

し『プロ野球選手ベスト50』という本にパリーグの選手しか載っていなかったら、誰でも「なんじゃこりゃ!?」って思うだろう。
「『プロ野球選手ベスト50』じゃなくて『パリーグ選手ベスト50』じゃないか!?」って。
今日、僕はそんなような思いをしたんだ。

日、僕は本屋に行ったんだ。
本屋に行くと、誰でもまずエロ本のコーナーに直行するだろう。
僕も直行した。
途中で『今おもしろい落語家ベスト50』とタイトルの本が目に入った
最近、出た本みたいだ。

枝雀師匠の落語を子守唄代わりに聴いてきた僕としては、大変に興味深いタイトルだ。
「枝雀師匠のお弟子さんは何人入っているのだろう?」とか「『ちりとてちん』などで有名な若手の有望株・桂吉弥さんは何位だろう?」とか何とか思いながら、本を手に取り、ページをめくってみた。

かし、ページをめくれどもめくれども、桂雀松さんや桂雀三郎さんといった枝雀師匠のお弟子さんの名前を見つけることはできない。
桂吉弥さんの名前も見つからない。
「あれ?どうしたことだ!?」

間国宝で、先日、文化勲章を受章された桂米朝師匠や、上方落語協会会長の桂三枝師匠の名前までもない。
Newsweek日本版の「世界が尊敬する日本人100」に選ばれた桂小春団治さんの名前もないし、桂文珍さんや笑福亭鶴瓶さんもない。桂ざこばさんもない。
っていうか、上方落語家の名前が全然ないじゃないか!
東京の落語家ばっかり。

りゃ、本のタイトルに偽りありじゃないか!
タイトルを『今おもしろい東京落語家ベスト50』に変えろよ!
僕は、いきり立った。
怒りを鎮めるためにエロ本のコーナーに向かった。
すると、違うところがいきり立った。

【追記】
もう一度読み返すと、34位以下に7人の上方落語家がランクされていました(小さな字で)。
失礼しました。お詫びして訂正します。
しかし「ベスト50」に7人(南光、春団治、米団治、鶴瓶、三枝、吉坊、雀三郎)しかランクされておらず、しかも全員が34位以下って・・・

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-12-13 15:58 | 芸能レポート
「M-1グランプリ2009」決勝進出者発表 ― 笑い飯は悲願達成となるか
2009年も残すところあとわずかとなってきた。
毎年、年末に行われる日本最大かつ最高のイベント。
そう。
M-1グランプリである。

のM-1グランプリ。
結成10年以内の漫才師ナンバー1を決める大会である。
今や、知らない者はいない日本最大でかつ最高のイベントにまでなった。
今、街に出ると、若者を中心にほぼ全員がM-1の話をしているようだ。

12月7日、決勝に進出する・・組が発表された。
申し訳ない。
知らないコンビが2組存在する。
バンクブーブーとハライチである。
東京ダイナマイト
ナイツ
南海キャンディーズ
ハライチ
ハリセンボン
パンクブーブー
モンスターエンジン
笑い飯

が知らないだけで、おそらく多くの人が知っている実力派コンビなのであろう。
自分の不明を恥じ入るばかりである。
決勝当日、彼らの漫才を見るのを楽しみにしたい。

回、いや「今回も」と言ったほうが正確であろうか。
最も注目されるのは、笑い飯である。
笑い飯は、結成10年目。
つまり、今年はM-1最後の年となる。

M-1グランプリ2回目に初の決勝進出。
衝撃の登場となった。
「ダブルボケ」というスタイルの斬新さが、一つ一つのボケの質の高さと相まって高い評価を受けた。
無名でありながら、最終決戦にまで残った。

かし斬新さというものは、時を経るにつれて失われていく運命にあるものだ。
次の年こそはダブルボケに磨きをかけ飛躍を見せた。
しかし、それ以降は毎年優勝候補に挙げられながらも期待外れに終わった。
斬新さが失われ、正統派の漫才に勝てない。

ブルボケというスタイルは、ネタを単調なものにさせるように感じる。
二人が交互にボケ合うことから、全体の流れが細切れになり寸断されてしまうからだ。
寸断されるがゆえ、起承転結がはっきりとせず単調な漫才になってしまうのである。
テンポを変えるなどの工夫をしているが、それにはどうも限界があるように感じる。

能あふれる二人である。
聞くところによると、今までとは異なるスタイルに挑戦しているらしい。
彼らが今回、どのような漫才をするのか、わくわくしながら期待したい。
今年も笑い飯は優勝候補の筆頭である。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-12-11 00:04 | M-1、R-1、キングオブコント
赤星選手、引退 - こちらこそ9年間ありがとうございました
阪神・赤星が中心性脊髄損傷で現役引退 
阪神・赤星憲広外野手が9日、西宮市内のホテルで会見を行い、現役引退を表明した。直接の原因は9月12日の横浜戦(甲子園)でダイビングキャッチを試みた際、発症した中心性脊髄(せきずい)損傷。負傷後、復帰を目指し懸命なリハビリを続けてきたが、「今度やってしまったら最悪、命にかかわる可能性もある。100%のプレーができないならプロとして身を引くべきと考えた」と苦渋の決断に至った理由を語った。赤星は1年目の01年から5年連続盗塁王に輝くなど活躍。今季は持病の首の痛みなどで91試合の出場にとどまり、打率・263、31盗塁だった。
http://www.daily.co.jp/newsflash/2009/12/09/0002571650.shtml

ョックで言葉が出ません。
とても残念です。
33才。
まだまだプレーできる年齢です。
実際、今シーズンも赤星選手はケガを悪化させるまではリードオフマンとして活躍していました。

こ数年は、赤星選手は頚椎椎間板ヘルニアの影響で手足がしびれる状態でした。
痛みと痺れで睡眠が十分に取れない状態が続いていたと聞いています。
首をかばうために腰に負担がかかり、最近は、腰にも痛みが出るようになりました。
まさに満身創痍の状態でした。

もそれなのに、赤星選手はいつも全力でプレーをし、我々阪神タイガースファンを沸かせました。
3割台の打率、30以上の盗塁という記録をほぼ毎年残し、選手会長としてチームを引っ張ってきました。
グラウンドの外でも、盗塁数に合わせて車椅子を贈るという社会貢献活動を積極的にしていました。
本当に素晴らしい選手です。

001年のドラフト。
阪神は、赤星選手を指名候補リストに入れていませんでした。
ところが、当時の野村克也監督の「俊足の選手を獲ってくれ」の一言により、阪神は俊足の赤星選手をリストに入れ、獲得しました。

季キャンプで行われた、一塁ランナーを二塁に送るバントの練習。
新人の赤星選手はセオリーに反して一塁側にバントを試みました。
当然、野村監督は怒ります。
ところが赤星選手は「一塁手が動きの悪い外国人選手だったので一塁側にバントしたほうが成功する確率が高いと考えた」と野村監督に反論しました。
それ以来、野村監督は赤星選手に一目を置くようになったと聞きます。

は、赤星選手の気迫あふれる全力プレーにはいつも勇気づけられました。
辛いこと、悲しいことがあっても、それを乗り越える力を赤星選手からもらいました。
9年間、本当にありがとうございました。
しばらくはケガの治療に専念して、いずれは指導者としてまた甲子園球場に戻ってきてもらいたいです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-12-10 00:51 | 我が阪神タイガースを語る