<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
尖閣問題で敗北したのは中国だった!- 菅内閣がアホでよかったね
事件から数日経った。
ようやく、なんだか真相みたいなものがわかってきた。
実は困っているのは、中国のほうだったということ。

尖閣で事件が起こったとき、中国政府はこのようなシグナルを日本に対して送り続けた。
「このままだと反日デモが起きてしまうアルヨ。反日デモが起きると、しまいにゃ、それは反政府デモになってしまうアルヨ。日本政府さんよ、頼むから早く船長を釈放してくれアルヨ。」

ところが、外交音痴の菅内閣。
空気が読めないし、知識もスキルもない。
「オ、オレたちは毅然とした態度をとるんだ!オレたちのカッコいい姿を国民に見せるんだ!」
とばかりに、粛々と手続きを進めた。

これに驚いたのは、中国政府。
「あんたら大平・鄧小平協定を忘れたアルカ!」
「2004年、対中強硬派だった小泉内閣だって、すぐに政治介入して、尖閣に上陸した中国人を強制送還させたアルヨ。なのに、菅内閣は何を考えているんだアルヨ!!」とビックリ仰天。
あらゆる交流を中止するという世界がビックリするような対応をし始めた。

ところが外交音痴の菅内閣。
それにまったく気づかない。
船長に対して粛々と刑事訴訟上の手続きを進める。
慌てふためいた中国はレアアースの輸出を止めるというヒステリックな対応を採り始める。

そこで出てきたのがアメリカ。
「お前ら、いい加減に空気読め!!」。
ヒラリーが前原に恫喝。
すると突然、日本政府は小泉内閣のときのように政治介入し船長を釈放。

ところがこれで一件落着かと思いきや、そうは問屋は卸さない。
反日デモはますます拡大。
中国共産党は統治の力が弱まっていて、人民の不満を抑えきれない。
それだけ不満が溜まりに溜まっているってこと。

だって大卒者であってもほとんどが就職できない。
たくさんの若者が将来への不安、不満を持っている。
これが一気に爆発すると、もう誰にも止められない。
蒼井そらにだって止められない。

結局、外交的に敗北したのは中国のほうだった。
え?「そんなバカな。日本のマスコミは『日本は外交的に敗北した』と言っていたよ。」だって?
日本は敗北していない。
日本の尖閣に対しての実効支配は揺るいでいないので、日本はまったく敗北していない。

むしろ、敗北したのは中国のほう。
世界的な面においても国内的な面においても、中国はものすごいダメージを受けた。
菅内閣が外交音痴、簡単に言うとアホだったおかげでこのような結果になった。
菅内閣がアホでよかったね。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2010-10-26 00:13 | 国際社会を生き抜く
【宮台真司】弟子が語る、故小室直樹の本当の功績-YouTube


人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2010-10-11 00:18
なんで日本の景気は良くならないの? - 小学生でもわかる日本経済の基礎の基礎の基礎の入門
a0029616_0293074.gifぎゃぼー!!今月もまた給料が下がった!!


a0029616_12363716.gifどこも大変なようだな。日本全体の労働者の給料は1997年がピークだったんだけど、それ以降、ずーっと下がり続けているんだ。97年からすると、1割か2割給料が減っちゃってるんだよな。


a0029616_0293074.gifぎゃぼー!!そんなに減ったんだ。なんてこったい!!


a0029616_12363716.gif一部の大企業に勤めている人は減ってない。だけど、それ以外の人は減ってる。日本全体でみると、13年間くらいずーっと給料が減り続けているんだ。


a0029616_0293074.gifぎゃぼー!!そりゃないよ!!


a0029616_12363716.gif日本以外の国ではどこも給料が増えてるんだよ。普通は10年間で3割くらい増えるのが当たり前なんだ。


a0029616_0293074.gifなんでなの?日本人が働かなくなったからなの?


a0029616_12363716.gifそんなことはないよ。給料が減った原因は政府の政策の失敗にある。


a0029616_0293074.gif具体的に教えて?


a0029616_12363716.gif給料が減り続けている原因は、簡単に言えば、世の中に出回るお金の量が減ってるからなんだよね。お金の量が日本だけがものすごく少なくなっているんだ。


a0029616_0293074.gif世の中に出回るお金の量が減るってどういうこと?


a0029616_12363716.gifまあ簡単に言えば、紙幣を刷る量が減っているということだな。紙幣を印刷する量が経済の状況にマッチしないで少なくなると、お金が回らなくなって経済全体が悪くなっちゃうんだ。


a0029616_0293074.gifなるほど。


a0029616_12363716.gifアメリカはちゃんと紙幣を印刷しているけど日本だけ印刷していないとなると、ドルはたくさん世の中に出回っているけど円はあまり出回らないということになるよね。となると、ドルよりも円のほうが、価値が高くなる。量が少ないほうが、価値が上がるからね。


a0029616_0293074.gif円高ドル安のことだね。


a0029616_12363716.gifそのとおり。円高になると輸出企業は困ってしまうよね。輸出品の値段が高くなってしまうからね。


a0029616_0293074.gif海外の人たちが買ってくれなくなっちゃうね。


a0029616_12363716.gifうん、それじゃ困るので企業は頑張って値段を安くしようとする。すると当然、儲けが減っちゃうよね。1円円高になると100億円利益が減ってしまうらしいんだ。


a0029616_0293074.gifそりゃ大変だ。


a0029616_12363716.gif日本の場合はトヨタなどの輸出企業の2割くらいが経済を引っ張ってる。だから輸出企業がダメになるとその関連の企業もダメになって、日本経済全体がダメになってしまう。


a0029616_0293074.gif円高になると、日本経済全体がダメになってしまい、日本全体の給料が少なくなっちゃって、モノを買わなくなって・・・と悪循環に陥ってしまうんだね。


a0029616_12363716.gifそのとおり。
お金とモノとの関係におきなおして考えるとこうなる。モノはみんなが一生懸命に作るからあふれている。 でもお金が少ないとどうなるか。 


a0029616_0293074.gifどうなるの?


a0029616_12363716.gifお金の量が物の量より少ないとなると・・・


a0029616_0293074.gifえーっと、量が少ないほうが価値が高くなり、量が多いほうが価値が低くなるわけだから・・・


a0029616_12363716.gifそうそう。


a0029616_0293074.gifえーっと、お金の価値が高くなり、モノの価値が低くなるわけだね。


a0029616_12363716.gifそのとおり。その状態をデフレという。デフレというのは、モノの価値、つまりモノの値段が下がり続けてることだね。


a0029616_0293074.gifあのさぁ、なんで日銀はお金の量を増やそうとしないの?


a0029616_12363716.gif官僚というのは間違ったことをしても「自分は正しい」と言い続けるものなんだよ。だから一回、お金の量を間違うとずーっと間違い続けるわけです。


a0029616_0293074.gifなるほど。官僚組織ってのは自分たちは絶対に間違えないと考えるわけだね。


a0029616_12363716.gifそのとおり。
「間違ってました」と言ってしまうと、メンツが丸つぶれになるし、先輩の官僚のことを批判することになってしまうもんね。だから、お金を印刷する量を一度間違えてしまうと、ずーっとその間違いが続いてしまってお金の量が少ない状態が続いてしまうんだ。今がその状態なんだね。


a0029616_0293074.gifでも一般庶民の声は届かないの?「給料が下がって大変なんだよ!お金の量を増やしてよ」って声がさ。


a0029616_12363716.gif公務員の給料はあんまり減らないから、そんな声は届かないんだよ。「おめーらの懐具合のことなんてシラネーよ。俺たちのメンツのほうが大切だよ」ってね。


a0029616_0293074.gifぎゃぼー!!


人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2010-10-05 15:59 | 政治・経済に一言
【デイ・キャッチャーズボイス】追悼・小室直樹。弟子が語る、小室さんの本当の功績とは
社会学者の宮台真司さんが、先ごろ亡くなられた小室直樹さんの功績について語っています。全国民必聴です。

追悼・小室直樹。弟子が語る、小室さんの本当の功績とは

77歳で亡くなった評論家・小室直樹さん。あらゆる学問領域、あらゆる生活の枠を超えた博覧強記。小室ゼミの門下生であるミヤダイさんは、小室さんの教えにこそ今の日本の諸問題を解決するヒントがあると言います。それは何か。

http://www.tbs.co.jp/radio/dc/fri/


人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2010-10-04 00:27
「ニュース探求ラジオDig」9月28日放送分の感想 - 取り調べの可視化を
「ニュース探求ラジオDig」9月28日放送分をポッドキャストで聴く。
「ニュースガテン系・DJ神保くんが行く」のコーナー。
この日は、ビデオジャーナリストの神保哲生さんが検察問題について語った。

今、世間では猛烈な検察批判が巻き起こっている。
当然のことだ。
強引な(拷問まがいの)取調べで供述調書を作成する手法は、従来から批判を浴びていた。
今回はそれのみならず証拠(フロッピーディスク)を改ざんしていたのである。
これでは気に食わない人物を好き勝手に刑務所送りにすることができるではないか。
検察への国民の信頼は地に落ちたといってよいだろう。

検察批判が巻き起こるのは当然のことである。
しかし神保哲生さんはこれに警鐘を鳴らす。
検察を批判するだけではダメだと。
検察批判だけでは、お祭り騒ぎをしているのと同じだと。

法治主義国家である日本において検察の権限濫用に対して歯止めを加える方法。
それは法律改正である。
法律を改正する権限を有するのは、立法府である国会。
国会の構成員は、国会議員。

であるならば、国会議員に法改正を促す必要がある(法改正に積極的な議員・政党に投票する)。
例えば、議員に法改正を促すことにより、被疑者・参考人の取調べ全過程を録音録画すること(可視化)を義務付けるべきだ。
畑で草むしりする場合、根っこから抜かないと再び雑草が生えてくる。
ここで抜本的な改正をしておかないと、第2第3の村木厚子さんが出てくるかもしれないのである。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2010-10-01 00:19 | ラジオの感想