2011年上半期、私が選ぶ「10大ニュース」はこれだ!!- 大震災、原発、八百長・・・
今年も半分終わりました。そこで2011年上半期で印象に残った10個のニュースについて簡単にコメントしたいと思います。この他、間寛平さんのアースマラソン、携帯を使ったカンニング事件などが印象に残りました。

・東日本大震災
改めて被害にあわれた方々にお見舞いを申し上げると同時に亡くなられた方々のご冥福をお祈りしたい。被災地で助かった方々の希望は復興である。早期の復興が望まれる。復興は、市場や政府から自立した相互扶助が成り立つ共同体自治(食やエネルギーを市場や政府などに依存しない共同体自治)の再生に向かわなければならない。なぜなら財政的な制約、グローバル化に伴う資本移動自由化を考えると、政府や市場に依存することはもはやできない以上、地域の絆が個人を支援してくれる社会を作ることが必要となってくるからだ。政府は共同体自治に基づく社会建設に向けた改革をする必要がある。復興の財源として一部に復興増税を主張している人がいるが、とんでもない話だ。景気が落ち込む中で国民にも企業にも増税を強いたらデフレスパイラルどころか日本は奈落の底へ真っ逆さまに落ちてしまう。復興財源は、数十兆円規模の復興国債を発行し日銀に直接引き受けさせることで捻出すればいい。

・福島第一原発事故
未だに収束のめどが立っていない福島第一原発の事故。原発の安全性を唱えてきた「原子力ムラ」の研究者たちは、うつろな目でただただ「想定外」という言葉を繰り返すばかりである。「想定外」であるのは利権を守るためにあえて想定の範囲を狭く設定していたからである。国民の間に当然ながら脱原発の世論が広まっている(自民党の石原幹事長は脱原発世論を「集団ヒステリー」と表現していた)。原発は廃棄物の処理方法が未確定であり、ひとたび事故が起きれば人間や環境に取り返しのつかない害を与える。である以上、コストの面でもリスクの面でも割に合うシステムとはいえず、今後、原発依存の電力供給体制から脱却していかなければならない。そのためには、自然エネルギーの促進をしていく必要があるが、その前提として電力会社を発電部門と送電部門とに分離し、発電については自由化、送電については公共財化をしたうえで、スマートグリッドの整備をするべきである。一部に「発送電の分離はカリフォルニアで起きたような大規模停電に結びつく」との主張があるが間違いである。カリフォルニアでの停電は電力料金に上限を設けていたから生じたものであり自由化が不十分であったことから起きたのである。

・菅首相が再生可能エネルギー法案成立などを条件に退陣表明
菅首相がどうなろうがどうでもいいのだが(退陣が被災地復興にとってプラスになるのなら早期に退陣すべきである)、再生可能エネルギー法案についてはなんとしても成立させてもらいたい。自民党・公明党は政局にうつつをぬかすのではなく成立に協力すべきだ。とはいえ、実のところ、この法案の中身はスカスカである。すでに経産省やその背後にいる経済界によって骨抜きされてしまっている。この法案が規定する固定価格全量買取制度というものは再生可能エネルギーを普及させるために欠かせない制度である。なぜなら、この制度の下では、再生可能エネルギーで発電した場合、決まった価格で必ず電力会社に購入してもらえるため電力会社以外の企業や個人が発電を積極的に行うインセンティブとなるからだ。ところがこの法案。全量か余剰か、価格はいくらかなど多くの部分を政省令に委任している。それゆえ、経産省のさじ加減によっては(政省令は経産省が定める)、再生可能エネルギーの推進につながらない可能性がある。注視が必要である。

・ウィキリークスが日本関連の情報暴露
ウィキリークスが日本関連の米国務省秘密公電を公開した。この中に、日本の官僚が、日本政府の方針に反する、驚くべき行為をしていたことを示す文章があった。なんと、外務官僚や防衛官僚が米国政府に対し情報を密かに提供し、米国政府から日本政府に対し圧力をかけるよう工作を行っていたというのである。例えば防衛省の高見沢防衛政策局長は、米軍基地移設問題に関しアメリカ政府が日本政府に対して柔軟な姿勢を見せたらアメリカ政府のコストがかさむ旨を忠告していた。なにゆえ日本の官僚がアメリカ政府のコストの心配をしなきゃならないのだ! また、外務省の藪中事務次官は、ルース大使に対し、基地移設問題に関して、影響力のあるテレビコメンテーターに働きかければうまく世論を誘導できる旨を進言していた。おまえはどこを向いて仕事しているんだ!民主的な手続きによって選ばれた政治家(大臣)が示す方針に沿って動くのが官僚である。ところが、外務官僚、防衛官僚は大臣の方針を無視しアメリカ政府と内通していたのである。メディアはもっと大々的に報じるべき問題であると思うが、記者クラブ制の影響なのかあまり報じていない。

・大相撲八百長
警察は、賭博の容疑で押収した資料(携帯電話のメール)から得られた犯罪と関係がない八百長の情報を文部科学省やメディアに提供した。これは個人のプライバシーを侵害する人権侵害行為である。メディアはこの点を批判的に検証すべきであるが、どのメディアもそれをしようとしない。警察との関係を気遣う記者クラブメディアの限界と言えるのではないか。その点はさておき、そもそもこの八百長問題は場所を中止にするほどの大問題であったのだろうか。神事としてスタートした相撲に近代スポーツとしての公明正大さを要求することが妥当であるとは思えない。実際、多くの相撲ファンは八百長の存在を知っていたはずだ。それでも相撲を楽しんでいた。たしかにカネや暴力が介在する八百長については許すべきではないと思う。その意味で某親方(連勝記録を作った大横綱)は永久追放にすべきだ。しかし、例えば7勝7敗で負け越しの可能性のある力士に対して負けてあげるみたいなものについては大目に見てあげるぐらいの寛容さがあっていいのではないか。すべてがガチンコだと総合格闘技のように殺伐とした雰囲気となってしまい、相撲独特のほんわかした雰囲気がなくなってしまうと思う。

・NPO法が改正され税制優遇措置が拡大
あまりメディアで報じられていないが、NPO法(及び税制)が改正され寄付税制の優遇が拡大された。NPOが公益的な活動をするうえでこれは画期的な改正だといえる。財政的制約、グローバル化を考えると、今後、政府は小さくならざるをえない(小さな政府)。すると、今後ますます政府がカバーしきれない問題をNPOなどが解決していくことが求められるようになる(新しい公共)。ところが、どのNPOも資金力が乏しく、いかに活動資金を集めるかが課題となっている。これでは十分な活動ができない。とはいえ政府からの補助金に依存するようになると、自立した活動が制約されてしまう。そこで、個人による寄付の拡大が要請される。今回の法改正により個人が認定NPOに寄付をすると税額控除を受けることができるようになった。社会システムというのはインセンティブに働きかけるように作るべきだといわれている。寄付税制の優遇の拡大によりNPOへ寄付するインセンティブが働き、寄付金が増大することが期待できる。

・中東民主化デモ
チュニジアやエジプトで民衆が蜂起し独裁政権が倒れた。その際、利用されたのがツイッターやフェイスブックといったソーシャルネットワークサービス(SNS)である。草の根のSNSのつながりが民主的な連帯と蜂起を可能とした。中東の民主化は素晴らしいことである。この流れが他の国へも広がることを期待したい。一方で憂慮すべき側面もある。ナショナリスティックな世論が高まって、対イスラエルで強硬になるおそれがあるのではないか。そうなれば中東は不安定となる。ひいてはグローバル経済の安寧が脅かされる。

・ビン・ラディン殺害
アメリカという国は、容疑者に過ぎない人間を訴訟手続きを経ずに殺害する野蛮人の国であることが明らかになった。公判手続きの過程でオサマ・ビン・ラディンに過去のアメリカとのいきさつについて発言されることを恐れて殺害したのであろう。今後、報復テロが頻発するのではないかという観測があるが、他方でテロよりもSNSなどを用いた言論活動により活動したほうがいいのではないかという雰囲気が若者の間に広がりつつあるという。昨今の中東民主化の動きはその一環である。

・ダウンタウンとナインティナインが競演
ダウンタウンとナインティナイン。日本のお笑い界を代表する両巨頭が14年ぶりに競演を果たした。お笑い界、いや芸能界全体を揺るがす歴史的な出来事といっても過言ではないだろう。ちょっとした行き違いから両者の競演はタブーとされてきた。同じ事務所の先輩・後輩であるにもかかわらず競演がタブーであったとは不幸なことだ。ナイナイの二人(特に岡村さん)は素人時代からダウンタウンの影響をたぶんに受けているという。ナイナイにとってダウンタウンは憧れの存在であった。それならば、タブーとされたことはなおさら不幸なことだ。今回の競演をきっかけにして、継続的に両者が競演することを期待したい。「ガキの使い」の七変化に岡村さんが出演するというのはどうだろう。「すべらない話」に出演するというのも面白い。想像するだけでもワクワクする。

・小沢秘書裁判、検察の証拠請求却下
検察が証拠調べの請求をしたほとんどの供述調書が却下されるという事態になった。事件の実態を知る者にとっては予想通りの展開といえる。この供述調書は、検察の有罪立証の重要な部分を占めている。これが却下されたということは、要するに小沢氏の秘書3人は無罪になる可能性が極めて高くなったということだ。東京地裁は「(検事は)心理的圧迫と利益誘導を織り交ぜながら巧妙に供述を誘導した」と断じた。検察は、違法な捜査手法を用いて人権侵害を行い自白を誘導していたということである。「特捜よ、恥を知れ!」と言いたい。もう、特捜は解体したほうがいいかもしれない。エリート、ホワイトカラー犯罪の捜査については、検察の外側に広域の捜査可能性を持った組織を作り、それに委ねればいいであろう。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by asatte_no_houkou | 2011-07-13 01:54 | ニュースまとめ
浜岡原発を停止させても電力は不足しないぞ!!
な、なんと!!emoticon-0104-surprised.gif
東京新聞の記事によれば、浜岡原発を停止させても、まったく電力不足にはならないそうだ。

東京電力管内で、今夏の最大需要emoticon-0157-sun.gifと予測されているのは
5500万キロワット

で、東電が公表した7月末の電力供給見通し
5200万キロワット(西日本の電力会社からの融通分を含む)。

あらら、300万キロワットも足りないじゃないか!
これはヤバい!!emoticon-0107-sweating.gif

ところがどっこい。emoticon-0133-wait.gif
7月中旬には全面復旧できるという広野火力発電所(福島県広野町)は、
な、なんと!380万キロワットも電力を供給できるのである。emoticon-0165-muscle.gif

あらら、だったら何も問題ないじゃねぇかよ!emoticon-0104-surprised.gif

しかもです。
東電管内の揚水発電(注)を利用すれば
最大で、1050万キロワットも電力を供給できるのである。emoticon-0165-muscle.gif

つまり最大で、1130万キロワット(80万+1050万)も「お釣り」emoticon-0164-cash.gifが出るくらい余裕emoticon-0103-cool.gifなのだ。
真夏のピーク時emoticon-0157-sun.gifでも、電力不足なんて起こりっこないのである。
な、な、なんと!!emoticon-0104-surprised.gif

「お釣り」の部分(余剰電力)は東北電力などに融通emoticon-0150-handshake.gifすればいい。
これでザッツオール!!emoticon-0102-bigsmile.gif

原発利権を守りたい人たちは「原発がなくなると電力不足になるぞ!!」と煽っている。emoticon-0132-envy.gif
ところが実は、この「電力不足キャンペーン」はまったくの大嘘だということだ。
みなさん、騙されないようにしましょう。emoticon-0116-evilgrin.gif

ちなみに、環境エネルギー政策研究所によれば、「浜岡だけではなくすべての原発を停止したとしても電力不足は生じない」そうだ。emoticon-0152-heart.gif
「原発が半分近くを占める関西電力管内でさえも、揚水発電の活用、自家発電からの電力買い上げなどの節電策を採用すれば問題ない需給レベル」だそうである。emoticon-0166-cake.gif

(注)夜間に余った電力でダム湖に水をくみ上げて発電する。

参考
東京新聞
謙 と謙譲の音楽

人気ブログランキングへ
[PR]
# by asatte_no_houkou | 2011-05-15 03:53 | 社会の時間
宮台真司 ― 有効性のある脱原発運動とは


東京の渋谷で行われた脱原発デモで、宮台真司先生が脱原発運動のあり方について話をされました。参考になります。
ポイントは、
1、原発を推進している議員に対する落選運動 
2、原発を納入している企業(日立、東芝、三菱)の製品の不買運動 
3、原発がコストやリスクの面で合理性を欠いている点についての懇切丁寧な説明
です。

宮台真司と申します。
「丸激トークオンデマンド」というインターネット番組で10年ぐらい前から脱原発関連の番組をずっとやってきております。

原発が、コスト的にも、リスク的にも全く合理性を欠いたものであることは、現在、「原子力村」の中にいる上層部でさえ、わかっています。
しかしなぜ止められないかというと、今さらやめられないからなんです。
今さら、やめられない。
これは総力戦研究所が「アメリカと戦争すれば必ず負ける」というシュミレーションを出して陸軍参謀本部、海軍軍令部に上奏しているのに戦争に突入したのと同じなんです。
「今さらやめられない」という理屈ですね。
これは東電だけではなくて、民主党の中にも、あるいはあらゆる社会運動団体の中にもある、われわれの悪い癖ですね。
こういう癖から見直していくことも必要です。

あともう一つ。
このデモは単なる出発点ですね。
議員さんとか労働組合員、例えば、電力労連とか電機労連の連中にとっては、こんなデモは痛くも痒くもないんですね。
彼らにとって、例えば政治家にとって何が一番痛いかというと、落選運動ですよね。
原発に対してどのようなスタンスを取るのかによって、投票するかしないかを決めるという落選運動は決定的に彼らは恐い。

あともう一つ。
東電はただの役所みたいなもんですよね。
そこに原発を納入している日立、東芝、三菱、こういう重厚長大産業、昔の軍需産業でもあるこういう企業の製品に対する不買運動、こうしたものを展開していくということ。
企業は営利企業体ですから、儲かると思っているから原発をやっているわけですね。
原発は儲からない、原発をやっていると自分たちの商売が上がったりになると思ったら必ずやめます。
どこの国の企業でもこれは同じです。
政治家に対しては落選運動、原発の様々な納入業者、納品業者に対しては不買運動を徹底して展開していく、そのような有効性、徹底したピンポイントの有効性を狙うような社会運動を展開していかなければならないです。

あともう一つ。
ドイツでは、3.11を受けて地方議会の選挙でグリーン・パーティ、緑の党が第2党になって、第3党の社会民主党と合同すると、第1党、与党になる。
おそらくこれはしばらくすれば、国政のレベルでもそうなるでしょう。
ところが日本はどうでしょうか。
中国地方を中心として反原発を唱えた地方議会の議員はほとんど全部落選しました。
これはなぜか。
われわれが正しい情報を知らされていないからですね。
「絶対安全」という自明性の上に乗っかって生活している人間たち。
たくさんいる。
これはある種の宗教の自明性を同じで、「実は危ないんだ」と思った瞬間に、自明性がガラガラ崩れて不安になってしまうんですよね。
そういう人間たちをいかにして心を解きほぐし、巻き込んでいくのか。
「原発 対 反原発」という、わかりやすい2項図式のままではこういう自明性は壊せませんので、彼らに対して何が合理的で何が大丈夫なのかということを懇切丁寧に伝えていくというような作業も必要となります。
私からのアピールは以上でした。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by asatte_no_houkou | 2011-05-11 03:09 | 社会の時間
日本を破滅に追い込む原発利権の構図
a0029616_347241.jpg


a0029616_342828.jpg


「てっちゃんねる」から拝借。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by asatte_no_houkou | 2011-05-07 03:48 | 政治・経済に一言
浜岡原発を止めよ(青木理の眼)


・ 今すぐに原発54基全部を止めることはできないが、浜岡原発については今すぐに止めるべきだ。
・ 明日起こってもおかしくない東海地震の予想震源域は浜岡原発の周辺である。
・ 1号機は1976年に、2号機は1978年に運転を開始したが、今は運転停止している。老朽化しボロボロの状態。何度も事故やトラブルを起こしている。
・ 3号機から5号機は運転中。福島原発と同じく沸騰水型。
・ 今後、6号機が建設される予定。
・ 事故が起これば、首都圏に壊滅的な被害をもたらす恐れがある。

中部電力は「安全である」と主張している。
事故が起きたら、どうせ「想定外でした」と弁明するのだろう。
日本は今、危機にある。
日本を原発から守れ!
原発を推進する勢力(原発利権)への投票を止めよう。

【追記】
菅首相は5月6日夜、浜岡原発のすべての原子炉の運転停止を中部電力に要請しました。英断だと思います。
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110507k0000m010038000c.html

人気ブログランキングへ
[PR]
# by asatte_no_houkou | 2011-04-29 03:18
今の日本政治の対立軸はこれだ! - 民主もダメ、自民もダメ、じゃあどうする?
a0029616_1184321.jpg

「財務省・日銀政策レジーム」(注1)とは、増税・金融引締め路線のことです。
与謝野馨大臣に代表される路線(注2)ですね。

1、財務省・日銀政策レジーム(上記図の縦軸)の点

今のデフレ(注3)の状況、さらには東日本大震災の影響により景気が悪化している状況を考えれば、増税・金融引締めは、さらなるデフレを招いてしまい危険だと思います。

増税すれば人々の消費をしようという意欲が減りますので、モノの値段をさらに安くしないとモノが売れないようになってします。
金融引締めをすると市中のおカネの量が減ってしまいモノの価値がおカネの価値よりもさらに下がることになってしまうので、ますますデフレになります。

デフレを止めるためには「財務省・日銀政策レジームからの脱却」が必要です。

2、産業構造(上記図の横軸)の点

グローバル経済の下、今後、自動車産業に代表される既存の産業は中国やインドといった新興国に追いつかれてしまい、日本の労働者は新興国の労働者と競争しなければならなくなってしまいます。
すると、日本の労働者のお給料は新興国並になってしまいます(平均利潤率均等化)。

これを避けるためには、今後成長を見込め、新興国がまだ手をつけようとしない産業分野(注4)に産業構造を転換する必要があると思います。
グローバル化の中で日本が生き残るためには「産業構造の改革」が必要です。

3、民主党と自民党、どっちもダメ

僕は、政権交代によって、以下のようになるのではないかと期待しました。
民主党が「財務省・日銀政策レジームからの脱却」「産業構造の改革」(上記図の④の路線への転換)をしてくれるのではないか。
もし民主党がダメだとしても、野党になった自民党が政権奪回のために④の路線へ政策転換するのではないか。
ところが、どちらもダメでした。

労働組合に支持されている民主党、経済界に支持されている自民党には、産業構造の改革に踏み切ることができないようです。
財務省・日銀レジームからの脱却についても、財務省や日銀に太刀打ちできる知識や能力を有する政治家は民主にも自民にもほとんどいないので(特に執行部の人たち)、とても無理なようです。

(注1)政治学者の斉藤淳さんの言葉です。
(注2)経済学者の高橋洋一さんが言う「財政タカ派」の路線。
(注3)物価が下がり続けている状態。
(注4)例えば、自然エネルギー・再生可能エネルギーなどの分野。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by asatte_no_houkou | 2011-04-20 01:25 | 政治・経済に一言
保守の立場から原発問題を考える ― 数多の自然災害を経験してきた日本人の常識
a0029616_10493092.jpg

そもそも保守思想は、知識人や役人ごとき人間が設計したシステムに懐疑的な姿勢を示す。

「いったい、お前さんごときが、どこでそんなご立派な判断ができるのですか」と。
「不完全を免れえない人間が設計したものなんて、ろくなもんじゃねぇ」
そのように考えるわけだ。

もちろん保守派も、人間の理性に基づくあらゆる改革を否定するわけではない。
しかしその場合、保守派は歴史を参照する。
人知を超えた常識や経験知といったものを重視しようとする。

原子力発電という、人間が設計したシステム。
いったん事故が起きれば、地球環境や人間の遺伝子に不可逆的なダメージを加えるおそれがある。
国土は汚染され、歴史的景観や人間の営みに取り返しのつかない被害を与える。

電力会社は、これまで「原発の安全性」を強調してきた。
マスメディアにカネをばらまき、御用学者を育て、タレントを使って宣伝をする。(注)
今回の震災でも、「放射性物質が外に出ることはありえない」と説明していた専門家もいる。

そもそも日本人は、自然のあらゆるものに神を見出し、人間もまた自然の一部と考える。
人間が、起こりうる自然の脅威を想定するなんて、勘違いも甚だしいではないか。
自然というのは、想定を超える脅威を我々に及ぼすものである。
地震、津波、台風、火山の噴火など数多の自然災害を経験してきた日本人の常識、経験知である。

今も専門家と称する人たちが、テレビや新聞に頻繁に登場している。
そして、「安全基準を見直せば、原発は安全です」などと発言している。
んなアホな。

原発政策を見直すべきである。
原発はリスクが高すぎる。
日本を原発から守れ!

(注)
学者やマスコミは東電からカネをもらっているため、東電を批判しにくい状況にある。
 東電は、東大などの有力な大学に多額の寄付金を行っている。例えば、東大は東電からの3・5億円程度の寄付講座をもっている。その講座の担当教授はしばしばマスコミに登場する有名学者であったりする。

 一方、東電は巨額な広告宣伝費をマスコミに使っている。有価証券報告書では2007年度以降の記載がないが、それ以前は年間100億円以上使っていた。テレビ、新聞、雑誌は東電の広告収入が大きいので、なかなかモノをいうのは難しい。それは、今回の原発事故の報道をみてもわかる。国内外で東電に対する報道はかなり違っている。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110413/plt1104131552002-n1.htm

共同通信と週刊新潮はジャーナリズムを放棄したようです。
中には「あんたら(共同通信)は原発を推進してきた張本人だろう」と言い放つ関係者もいたという。というのも、数年前、共同は電通と組んで「原発は安全」というPR広告を共同加盟社に流した"前科"があるからだ。

原発事故以降の「新潮」を見ると、東電批判が一切ないという異常事態が続いているからだ。いや、批判しないどころか、東電社員の美談を掲載する始末。その理由はもちろん「広告」だ。

「これまでテレビはもちろん新聞・雑誌など多くのメディアは、東電、そして各電気会社の連合会である電事連から莫大な広告出稿という恩恵にあずかってきました。東電だけで年間220億円以上もの広告費が垂れ流されていた。ゆえにめったなことで東電批判はしない、タブーとなっていた」(メディア事情に詳しい関係者)

 そのため原発事故当初、多くのメディアはあからさまな東電批判を控える傾向にあった。しかし事態は長期化し、放射能汚染が続くと、そんな平時の論理は通用しなくなった。さらに「東電という企業が今のまま存続しないのではないか」(前同関係者)という、何ともご都合主義的な判断から、雑誌メディアを中心に東電批判も展開されるようになる。そんな中、「新潮」だけが一貫して東電批判を控えているのだ。
http://www.cyzo.com/2011/04/post_7025.html

民主党も自民党も電力会社の既得権益と密接な関係にあるので、「原発をなくす」とは言いにくい立場にある。
電力会社は電気事業法に基づき、経済産業相の認可を受けることで営業が認められている。そして非常時には経産相の指示で供給制限や停止を行う。民間企業でありながら政治と密接な関係をもつことは、電力会社と政治家との間に深い結びつきを生んできた。田中角栄元首相ら通産相(現・経産相)経験者をはじめとする自民党の“通産族”議員との密接な関係はよく知られている。

 一方、民主党の最大の支持基盤である連合のなかでも、電力会社の労組でつくる電力総連は大きな影響力を持っている。電力総連は2人の労組出身者を参議院に送り込み、2010年の参院選では48人の民主党議員に推薦を出しているほどだ。

 つまり、自民党議員も民主党議員も電力会社とは密接な関係にあり、「原発をなくす」とはいいにくい立場にあるわけだ。
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110414/Postseven_17557.html

経産省と電力会社はズブズブの関係であるためチェック機能が働かない。
 原発事故が深刻化する中で雲隠れした原発官僚がいる。今年1月に資源エネルギー庁長官から東京電力の顧問に天下った石田徹氏だ。

 東電は「個人情報だから」との理由で報酬を明らかにしていないが、「天下りの不文律として、退官直前と同額程度(年収約1860万円)が払われている」(経産省幹部)とされる。しかも、「ほとぼりが冷めた頃に副社長に昇格する予定」(東電関係者)という。
http://www.news-postseven.com/archives/20110406_16750.html


参考:「保守派の私が原発に反対してきた理由」中島岳志

人気ブログランキングへ
[PR]
# by asatte_no_houkou | 2011-04-14 02:41 | 社会の時間
西武庫公園の桜
a0029616_1314081.jpg
西武庫公園に桜を見に行ってきました。まだまだ満開とまではいきませんね。

a0029616_1315151.jpg
露店がいっぱい。テンションが上がります。

a0029616_132183.jpg
こちらはまだまだですね。

a0029616_1323036.jpg
8分咲きくらいかな。

a0029616_132125.jpg
これは何という花でしょうな。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by asatte_no_houkou | 2011-04-04 01:48 | 私の旅日記
石原慎太郎に「天罰」を下そうではありませんか - 東京都知事選挙
原慎太郎東京都知事によれば、日本人のアイデンティティーは「我欲」(他人のことを考えないで、自分一人の利益ばかりを求める気持)であるそうだ。
そして、東日本大震災はそんな日本人に対する「天罰」だそうだ。

難と言うべき大災害に直面した日本人は、今、少しでも復興の手助けをしたいと考え、募金をするため長い列を作っている。
自衛隊員や東京消防庁の隊員、機動隊の隊員、東電の作業員らは、放射線被ばくのリスクを抱えながらも、懸命に原発を冷やす努力を続けている
多くの医療スタッフは、被災地支援に駆けつけ積極的に動いている。
各地方自治体は、行き場を失った被災者を温かく受け入れる準備を進めている。

原は、このような日本人を「我欲」にまみれていると蔑み、貶め、見下した。
一人高きところに上り、侮蔑に満ち満ちた視線で日本人を見つめている。
復興のために汗水たらし努力する日本人を、「我欲の固まり」と捉えている。
石原を「反日政治家」と言わずして誰が「反日政治家」なのであろうか。

震はプレートが動いたことによって発生する自然現象である。
複数のプレートがぶつかり合う場所に位置する日本列島に多く地震が発生することは仕方がないことだ。
日本は地震大国なのである。
地震による災害は日本人に対する「天罰」では決してない。

震を利用し日本人を侮蔑し、貶め、見下す卑劣な政治家・石原慎太郎。
東京都民は一丸となって、それこそ石原に「天罰」を下そうではないか。
来る平成23年(2011年)4月10日は、東京都知事選挙の投票日。
「天罰」を下す絶好の機会である。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by asatte_no_houkou | 2011-03-23 02:39 | 政治・経済に一言
今こそ聴くべき - RCサクセション『サマータイムブルース〜LOVE ME TENDER』


今こそ聴くべき名曲です。
「知らねえうちに漏れていた。あきれたもんだな、サマータイムブルース」

今後30年以内に東海地震(マグニチュード8級の巨大地震)が起こる確率は、80%をかるく超えます。
浜岡原子力発電所は、その東海地震の震央地(震源直上の地表部分)に建っています。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by asatte_no_houkou | 2011-03-20 14:56